image:秒刊SUNDAY

仕事をしていると、何とも腹立たしいタイミングというのは多々訪れます。例えば、理不尽なクレームをつけてくる客や、バイトシフトドタキャンする、許せない従業員。これらの悩みに耐えながら仕事をして生活をするというのはなんともストレスがたまるものですが、そんなストレスを爆発させたとんでもない映像が今話題となっているのです。

マクドナルド労働者が客に対する怒りを爆発

いつもは冷静なマクドナルドの店員。しっかりとした対応で、いつも笑顔。そして迅速に商品が出てくるというスタイルは、何処の競合店においてもなかなか勝るものはない唯一無二のスタイルです。そんなマクドナルド、ですが、やはりその笑顔の裏でとんでもない悪魔のような怒りを爆発させていたのです。

なんと、閉店2分前に注文が入り、怒り爆発の従業員。2分前といえば、色々閉店準備を進めている中、また調理器具等を取り出し再度オペレーションに入ります。

そんなスマイルとは真逆の怒り爆発した鬼のような形相の従業員の映像がネットに流出。4000万回再生されているというのです。

映像はTikTokユーザー@willarddによってアップロードされたのですが、現在は削除されアカウントも非公開状態となっております。

映像では、マヨネーズが飛び散ったり、パッケージソースが付着したりと非常に乱暴にハンバーガーを作る様子が映し出されていた。

別の映像にはなるが何やらブチギレしている従業員の様子はYouTubeアップされている。

たとえ、時間切れ間際とはいえ、そこでキレてしまうのはいかがなものか、と言う意見や逆に従業員を擁護する声もあるようで、なかなかどちらが正しいとは言えないものであります

もちろん、映像を消してしまったということは何らかの問題があったからであるがゆえなのですが、果たしてこのような気持ちで作られたハンバーガー、どんな気持ちで食べるのでしょうか。

爆速オペレーションで有名なマクドナルド

従業員の心はいつもスマイルとは限らない。

Source:DailyStar



画像が見られない場合はこちら
スマイルで有名なマクドナルド、客に閉店2分前に注文され、鬼のような形相の映像が拡散、大炎上