ハリウッドスターであるカナダ人俳優のライアン・レイノルズが、ウェールズクラブを買収しようとしている。

レイノルズは、『ブレイド3』や『グリーン・ランタン』、『デッドプール』、『名探偵ピカチュウ』など数多くの作品に出演。2016年公開の『X-メン』のスピンオフ映画『デッドプール』では、主人公の傭兵デッドプールを演じ、ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカルコメディ部門)にノミネートしていた。

最近ではNEtflixオリジナル映画の『6アンダーグラウンド』で主演を務め、人気テレビドラマ『ゴシップガール』で主役を務めたアメリカ人女優のブレイクライヴリーの夫としても知られている。

そのレイノルズが買収に動いているのが、ウェールズのレクサムFC。レイノルズの他、アメリカ人俳優であり、監督やプロデューサー脚本家でもあるロブ・マクエルヘンニーも共同で買収に動いているとのことだ。

レクサムは、2011年以来ファンクラブを所有。そのクラブに200万ポンド(約2億7000万円)の投資を行う予定のようだ。クラブサポーターズトラストメンバーに対して特別総会を実施。97.5%(1223人)が賛成に投票したため、今回の買収相手が公表されることとなった。

レクサムはイングランド5部に当たるナショナルリーグに所属している。なお、世界で3番目に古いプロフットボールクラブだ。

サムネイル画像