必要な時だけレンタルできるサービス登場

必要な時だけレンタルできるサービス登場

「洋服の青山」「ザ・スーツカンパニー」を展開する青山商事は10月1日から、就職活動向けスーツレンタルサービスを始める。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、会社説明会や選考のオンライン化が増えている中、必要な時にだけ利用できるサービスとして企画した。

価格は、最大5日間のレンタルで税別3900円

就活スーツサイズ展開は、男性用の「ジャケットパンツ」が22サイズ(ザ・スーツカンパニーは14サイズ)、女性用の「ジャケットスカート」が6サイズ(同6サイズ)を用意。色柄は黒無地で、年間を通して使用できる通年仕様になっている。

サービスの利用希望者は、店頭で販売員に採寸をしてもらった後に商品を予約する。予約は、レンタルの90~10日前まで可能で、着用後は受取店舗に返却するだけでクリーニングなどは不要。

同社が5~6月にネット上で実施した調査では、就活生950人の6割が「面接や会社説明会には就活スーツを着ていく」と回答した。一方、近年の服装自由化に加えて、今後もオンライン上での説明会、面接の定着が見込まれる中で、同社はリリース

「今後は活動状況により就活スーツの着用機会が少なくなることも予想されます」

コメントしている。同調査では、就活向けスーツレンタルサービスに5割の就活生が「魅力的である」と答えており、同社は新たな就活環境における選択肢の一つとして提案している。

価格は、最大5日間のレンタルで税別3900円。全国の「洋服の青山」「ザ・スーツカンパニー」で予約を受け付ける。

洋服の青山、就活スーツのレンタルサービスへ コロナ禍のオンライン就活に対応「必要な時にだけ利用」もOK