アメリカ・コロラド州に拠点を置くパブリッシャー(販売元)のWhippoorwillは、都会に住む鳥の少女が繰り広げる小さな冒険を描いたアドベンチャーゲーム『A Short Hikeの国内Nintendo Switch版を9月24日(木)に発売した。価格は税込850円。日本語へのローカライズは架け橋ゲームズが担当する。

 『A Short Hike』は、親戚のおばさんに連れられて自然豊かな島のホークピーク州立公園」へやってきたツバメの少女クレアがハイキングをする作品である。本作で「クレア」はある人からの連絡の電話を取るため、携帯の電波が入る場所を求めて島のなかで一番高い山ホークピーク」の山頂を目指す。

 公園を訪れた動物たちとの出会いや釣り、スポーツなどのアクティビティを楽しめる本作では「クレア」の翼を大きく広げて滑空することで、歩くだけでは行けない場所にもたどり着ける。さらに、島中に隠されている「黄金の羽」を見つければ、より広い範囲を探索できるようになる。

 本作を開発したカナダトロント出身のクリエイターであるAdam Robinson-Yu氏は、開発がつづく『Untitled Paper RPG』の作業で疲れた氏が「自らの心を癒し、穏やかな気持ちと新たな発見を呼び起こす何かを作りたい」との思いから本作を制作した経緯をもつ。

 2020年3月に実施されたイベント「Independent Games Festival(IGF)」では、世界各国の著名なクリエイターたちが選ぶ大賞と、本イベントが開催される「ゲーム開発者会議(GDC)」の来場者たちが投票で選ぶオーディエンス賞をダブル受賞している

 穏やかな気持ちに包まれるアドベンチャーと、滑空を駆使するアクションの要素をあわせ持つ『A Short Hike』。本作はPC版itch.io、SteamEpic Games、GOG.com)も販売されているので、興味があれば商品ページもチェックしてみてほしい。

ライターヨシムネ

Nintendo Switch版『A Short Hike』の商品ページはこちら『A Short Hike』の公式サイトはこちら
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。