今回紹介する、ペンギンドリルさんが投稿した動画『【ゆっくり神話解説】#2 オーディンってどんな神様?【北欧神話②】』では、音声読み上げソフトを使用して、同人ゲーム東方Project』の霧雨魔理沙(きりさめ まりさ博麗霊夢(はくれい れいむのふたりのキャラクターがが北欧神話の主神オーディンについて解説していきます。


【ゆっくり神話解説】#2 オーディンってどんな神様?【北欧神話②】

知識に貪欲な神

左から霧雨魔理沙(きりさめ まりさ博麗霊夢(はくれい れいむ

魔理沙
 今回は北欧神話に登場する神について紹介するよ。オーディンについて解説します!

霊夢:
 北欧神話の主神だよね?

魔理沙
 はい、じゃあまずはオーディンの容姿からね。オーディンは基本的に、魔法使いのようなハットとローブ、杖を持っていて、顔は隻眼のおじいちゃんだよ。隻眼というのがオーディンの特徴なんだ。  

魔理沙
 雰囲気だったら、マーベル映画『マイティ・ソー』に出てくるオーディンが一番合ってる感じはする。強いおじいちゃん感でてない?  

魔理沙
 次はオーディンの性格についてだね。オーディンはめっちゃ強いのと同時に、めちゃめちゃ知識人なんだよ。オーディンが知識人と言われる理由はいくつかあるんだけど、このふたつについて紹介するよ。

魔理沙
 まずひとつめだね。これはオーディンが隻眼になった理由でもあるんだけど、オーディンはある時、知識の泉にたどり着くんだけど、巨人ミーミルがその泉を守っていたんだ。どうしてもその泉を飲みたかったオーディンは、片目と引き換えに、一口だけ飲むことを許されるんだ。この一口のために片目を差し出すって、かなり知識に貪欲なことがわかるよね。

ルーン文字を発見

魔理沙
 さらにふたつ目の内容を知ると、もっと貪欲だったことがわかると思うんだけど、オーディンって実はルーン文字」を発見した神なんだよ。

霊夢:
 ルーン文字って魔法とかの?

魔理沙
 そう! まさに魔法だよ! これを発見するために、オーディン世界樹ユグドラシルに9日間首を吊ったらしいんだ。

霊夢:
 なんでそんなことで発見できるんだ?

魔理沙
 しらねえよ。あくまで神話だからね、そういうぶっ飛んだ話もあるんだよ。

勇敢に戦い散った最期

魔理沙
 最後にどのように死んでいくのかについてお話するよ。神々の世界が攻撃され、ラグナロク戦争がはじまってからというもの、オーディンは魔法の槍「グンニグル」を持ち、神々の先頭に立って戦うんだ。ちなみにその際は、ローブやハットではなく、黄金の鎧を着てたらしい。

魔理沙
 でもその奮闘むなしく、巨大な狼に「フェンリル」に食べられてしまうよ。これがオーディンの最後になってしまうには、ちょっと残念だよね。死について語るっていったけど、これくらいあっさりしたことしかわかっていないらしいんだ。あくまで北欧神話は詩で語り継がれているだけだからね。

霊夢:
 じゃあ最後にひとつだけ豆知識ちょうだいよ。

魔理沙
 ワイン以外、食事を必要としなかったらしいよ。  

 ふたりの解説をノーカットで楽しみたい方はぜひ動画をご視聴ください。


▼動画はこちらから視聴できます

【ゆっくり神話解説】#2 オーディンってどんな神様?【北欧神話②】

ーあわせて読みたいー

ゲームに出てくる“酒場”のモデルは何時代? 古代メソポタミアから大航海時代の「酒場のメニュー」を紐解く歴史ロマンにワクワクが止まらない

『人工知能』は紀元前から存在していた? 古代ギリシアの叙事詩から現代の研究まで、AIの歴史をイッキにご紹介!