ビジュアル系エアーバンドゴールデンボンバー」が2020年9月に公式サイトで公開した、「SNSへの写真・動画掲載について、ゴールデンボンバーからのお願い」が現在のネット事情に則した素晴らしい内容と称賛の声を集めています。さまざまなジャンルでそのまま使えそうな内容だぁ……。

【画像】お願いの全文

 もともと鬼龍院翔さんの配信「プッツンてれび」の中で言及されたもので、2017年に公開されたものでした。今回内容が一部改定されたことがあらためて配信で告知され、話題になっています。

 このお願いでは、金爆だけのルールであり他のアーティストには当てはめないようにとした上で、「アーティスト事務所)の仕事を邪魔する(収入が減る)かどうか、アーティスト事務所)が不快になるか、傷つかないかどうかを考えてSNS投稿を利用してください」と最初に結論から記載。その上で、投稿しても良いもの、悪いものを具体的に書き出しています。

 投稿してOKなものの中には、「同人・BLなどの二次創作」の記載も。ただし、「※各界隈のルールに従ってお楽しみください」の記述もあり、いろいろと気を遣っていることが伺えます。

 投稿してはいけないものには、「無料で公開されている動画」を入れながらも、「ただし、掲載元へ誘導するような形で動画を数秒載せて宣伝していただくのはOK」と他ではあまり見ないルールを設定。結論で記載していた「アーティスト事務所)の仕事を邪魔する(収入が減る)かどうか」に則した内容といえそうです。

 また、このルールの中で注目を集めているのが、最後に書かれた「ルールを守れていない、マナーが悪い方を見掛けた際は、無視・スルーしてください」「判断がつかない場合は、使用、掲載を控えてください」の2点。何かあった際に問題が大きくならないよう、配慮されています。

 このお願いにネット上では、「結論に上手にまとめられていますね」「こーゆーとこが、ボンバーさんにずっとついて行こうって思える所なのです」「ほぼ最適解という感じ」「ゴールデンボンバーはこういったことに本当に先進的な感じやな」「こいつらバランス感覚に優れすぎだろ」といった声が寄せられていました。

SNSへの写真・動画掲載について、ゴールデンボンバーからのお願い