中国全土に張り巡らされた高速鉄道網。その総延長距離はすでに世界最長となっているが、中国高速鉄道の特徴の1つに「高架橋」が多用されていることが挙げられるだろう。複雑な地形が多いためか、高架橋の上に平坦な路線を架けるケースが随所で見られる。

 一方、中国のインフラ建設などではこれまで手抜き工事が問題となってきたが、中国高速鉄道の高架橋で手抜き工事が発生しているリスクはないのだろうか。中国の掲示板サイトである百貼吧でこのほど、「中国高速鉄道手抜き工事を心配しているのは自分1人だけなのか」と問いかけるスレッドが立てられた。

 スレッドを立ち上げた中国人ネットユーザーは、「中国高速鉄道の建設スピードは凄まじく、ここ数年は毎年のように新路線が開通しているほどだ」と指摘し、高速鉄道の発展そのものは中国人として喜ばしいことだとしながらも、「建設工事の質に不安を抱いてしまう」と主張。現在は大きな問題は起きていないが、5年後や10年後に事故が起きないか不安だと主張した。

 スレ主が吐露した不安に対し、明確な根拠を以って反論するユーザーは見られず、「事故が怖いなら、高速鉄道には乗らない方が良い」、「地面に直接、線路を作ると危険だから高架橋を作ったんだ」などと不安をさらに煽るようなコメントが見られた。また、「国営企業の工事なんだから手抜きなんてないと思う」といった根拠のない希望的観測の声もあった。

 また、「もし日本人ドイツ人が建設していたら、スレ主の不安はきっとなかったのだろう。中国人なのに中国を信用していないのか」などと、スレ主を批判するコメントも見られたほか、「地殻変動がない限りはきっと大丈夫さ」といった楽観的な声が多く寄せられていた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

高架橋だらけの中国高速鉄道・・・「手抜き工事が心配で仕方ないんだが」=中国ネット