今回紹介するのは、pocariroboさんが投稿した『富嶽三十六景を切り貼りして雷神を作ってみた』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

葛飾北斎富嶽三十六景神奈川沖浪裏>を切り貼りして雷神を作ってみました。切り線、折り線は極力図中の描線を使うようにしています。
今回は材料不足で太鼓が作れなかったので、試作版として紹介します。


 富嶽三十六景切り抜き雷神像を作りました。堂々たる立ち姿です。1枚の絵を余すところなく使っています。

 使っているのは、葛飾北斎富嶽三十六景神奈川沖浪裏』。ヨーロッパにも影響を与えた作品で、フランスの作曲家・ドビュッシーの交響詩『海』のスコアの表紙に使用されたなどの逸話があります。この浮世絵を、同じく北斎の雷神図を参考に立体化していきます。

 1枚の絵からいくつもの部品を切り出します。背景のうすだいだい色を生かし顔や足に、白い波しぶきは髪の毛に、青い波は腰布になります。さらに船の乗客は首飾りの模様に。あらゆる描写を作品に上手にいかします。

 今回は、紙が足らずに太鼓が作れなかったため、試作品という位置づけでの公開となりました。動画では、富嶽三十六景のどの部分が、どう変化し雷神になるのかを見ることができます。

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます

富嶽三十六景を切り貼りして雷神を作ってみた

―あわせて読みたい―

『ガリガリ君』の空き箱からヒーロー「キャプテンガリガリ」誕生! “マーベルっぽい”風貌に「ガリガリ(マッチョ)」の声

バーボンのデザインを活かして“空き箱”から「鏡餅」を作ってみた。和と洋が融合したおめでたい作品がパズルのように完成!