「電車に乗るには近いけど、歩くには少し遠い」距離の移動に、電動キックボードの活用が検討されています。

 スピードメーターやアクセルナンバープレートも取り付けられたキックボードで公道を走る実証実験は10月から始まります。海外では既に実用化が進んでいるということで、担当者は東京都内に多い「徒歩では少し遠い」と感じる距離の新たな交通手段になればと話しています。

 最高時速は20キロですが、電動キックボードは日本では現在、電動機付き自転車に分類されるため、運転免許ナンバープレートなどが必要です。実験は10月中旬以降、東京の千代田区新宿区など4つの区でおよそ半年間にわたって行われます。


未来の交通手段に「電動キックボード」目指せ実用化!