いよいよ10月1日に迫った酒税法改正。これに伴い、Yahoo! JAPANは改正に関する情報を集約し消費者の行動をサポートする特設サイト「酒税法改正 なにがどうなる?」を公開しました。

【画像】10月1日から税率が上がるお酒と下がるお酒

 このサイトは、酒税法改正に関する正しい情報をユーザーに提供することを目的に開設されたもの。税理士で日本橋中央税理士法人の代表パートナーである川北智之氏による監修も受けており、複雑な酒税法のポイントについて正確な解説を掲載しています。

 今回の酒税法改正では350ミリリットルあたりビールは7円安く、新ジャンル10円高くなるなど、ビール系飲料の税率が大きく変更されます。ただ、酒税は2026年にかけて今後計3回改正されることがすでに発表されており、2026年にはビール系飲料の酒税は統一されることなどが決まっています。

 「酒税法改正 なにがどうなる?」ではこの2026年までの流れや10月以降の税率と価格など、重要な点を図表を使って解説しており、わかりやすく酒税について知ることができます。

 どのお酒を10月1日までに買ったほうがお得なのか、またどのお酒は10月1日以降も値段が変わらないのかなど、差し迫った買い物に役立つ情報も提供されているので、お酒を買う前にチェックしておくのがオススメです。

お酒の種類によって異なる税率をわかりやすく解説