コロナの影響で診療や入院患者の受け入れを大きく制限されている医療機関。日本病院会などの調査によると、2020年6月に67.7%の病院が赤字経営に陥っている(回答数1459病院)といい、実際に医療関係者への夏のボーナスが減額になったという話も各方面から聞きます。

病院
画像はイメージです(以下同じ)
 東北地方の農村にある私立総合病院で医療事務として働く萩村芳子さん(仮名・25歳)もこの夏のボーナスが半減。最初にその話を知ったときは、ショックでその場をしばらく動くことができなかったといいます。

メールでボーナスカットを知る

「病院側からスタッフ向けに一斉配信されたメールを見て知ったのですが、『新型コロナウイルスの影響により……』みたいなことが長々と書いてありました。

 私は事務方ですから下っ端でもコロナで外来の患者さんが激減した病院の経営状態が悪化しているのは知っていたつもりです。仲のいい同僚とは『ボーナスカットとかにならないよね?』とは話していたのですが、まさかそれが現実のものとなってしまうとは……」

 萩村さんは20歳で大学を中退後、別の会社を経て現在の病院に転職。給料は額面で約19万円。3年経った今も基本給は1000円しか上がっていません

看護師の給料と比べると…

看護師

「手取りだと15万円をギリギリ超える程度とビックリするほど安い。それも月15時間分のみなし残業込みの額ですが、みなし分を超えて残業することはまれです。だから、残業手当で給料が増えることもまずありません。

 そもそもの話、看護師のほうはどこも給料はわりと多いですけど、医療事務はどこも給料は少ない。同じ医療系ですがこちらは資格がなくても働けますし、正直扱いはあまり良くないですね」

 とはいえ、超高齢化社会を迎えるにあたり、入院病棟を持つ大きな総合病院は地域医療にとってますます欠かせない存在です。余程のことがない限りは閉鎖されることはないはずなので安定性のある仕事と言えるかもしれません。

「でも、いくら安定といっても限度がある。ウチみたいに給料が安すぎると逆に魅力どころか嫌味ですよ。ほかにアピールすべき材料が見当たらないからそう言ってるだけ。それでも将来出世できればまだいいですが、自分はその辺も望み薄っぽいので……」

両親も当初は喜んでいたが…

安月給

 今はまだ独身である萩村さんは実家住まい。いくら給料が安いといっても生活に困るほどではありません。

「家に食費を入れ、車のローンなどを払っても月4万円前後は貯金できています。とはいえ、ある程度稼いでいる人が相手じゃないと、結婚して子供を養うのは難しいでしょうね。相手もいないうちからそんなことを考えるのもどうかと思いますが……。

 地元の人間なら誰もが知っている病院で、周りからはうらやましがられたりもするのですが、実際にはそう思われるほど環境は良くないっていうのも皮肉なものですけどね」

 両親も最初は病院に就職できたことを喜び、特に母親は近所の人に自慢していたほど。でも、萩村さんから実情を聞いて落胆。最近では「早く転職したほうがい」と言ってくるようになったといいます。

大学を辞めなければよかった

「それも分かるんですけど、ウチは田舎ですから求人の数だってもともと少ない。将来は両親の面倒を見なきゃいけませんし、自分だけ地元を離れて転職というわけにもいきません。

 そう考えると、給料は安くてもまだ今の病院に勤め続けたほうがいいのかなって。社会的信用になるのは事実ですから。ただ、こんなことになるなら大学はちゃんと卒業しておくべきだったなとは思いますね。

 いくら田舎であるウチの地元でも給料がもっともらえるところに就職できた可能性はありますから。もし昔の自分の会うことができれば殴ってでも『大学だけは絶対辞めちゃいかん!』って説得するんですけどね(笑)

 そうやっておどけますが、最終学歴は高卒。病院の事務方の管理職はほぼ全員が大卒者で占められており、現状ではこのまま勤め続けても出世は難しそうです。

「だからといって自分に与えられた選択肢も多くない。結局は安月給だと文句を言いながらもこのまま働き続けるしかないのかもしれません」

 20代半ばで手取り15万円を許容せざるを得ない人生。彼女のように安月給で我慢している若者は、きっと大勢いるのでしょう。雇う側も、業績が悪くて払えないのかもしれませんが、若者が希望を持てない社会のひずみを垣間見てしまった気がします。

<取材・文/トシタカマサ イラストパウロタスク(@paultaskart)>

【トシタカマサ】

ビジネスや旅行、サブカルなど幅広いジャンルを扱うフリーライター。リサーチャーとしても活動しており、大好物は一般男女のスカッと話やトンデモエピソード。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中