ダブダブ服の18歳 ビリー・アイリッシュは笑わない から続く

 コロナ禍の中、11月大統領選を控えるアメリカコロナ対策よりもビジネスにご執心なのはトランプのような政治家ばかりではなく……。『トランピストはマスクをしない』(文藝春秋)から著者の町山智浩氏が語る、女優の怪しげなビジネスとは。

◆◆◆

グウィネス・パルトロウがアメリカに菌を持ち込む?

 景気がいい時、現職の大統領はたいてい再選される。当たり前だ。ドナルド・トランプ大統領に就任してから2月21日までの3年間でダウ平均株価は1万ポイントも上がった。

 11月大統領選挙でトランプに立ち向かう民主党の候補は誰になるか、これを書いている時点では決まってないけど、社会主義者のバーニー・サンダースだろうと、元ニューヨーク市長のマイケルブルームバーグだろうと、秋までこの好景気が続けば、トランプの再選は間違いない─。

 そう思われていた。

 ところが、2月24日月曜日に株価はいきなり1000ポイント落ちた。コロナウイルスパンデミック(世界的流行)を恐れてだ。トランプツイッターで国民に平静を求めた。

コロナアンダーコントロールだし、株価も非常に良い感じで始まったように見える。オレには」

 ところが下落は止まらなかった。結局、金曜日までに3500ポイント落ちた。つまりトランプが3年間で上げた信用の35%をたった5日間ですってしまったのだ。ラスムッセン・レポートによれば、大統領の支持率は47%に落ち始めた。

 パンデミックの可能性を警告するCDC(米疾病予防管理センター)に対してトランプは「恐怖を煽るな」とツイートした。それよりもトランプは来期のCDCの予算を16%も削減しようとしていたことで、民主党大統領候補たちから批判されている。

 そんな今、2011年の映画『コンテイジョン』のネット視聴数が急激に伸びている。未知の脳炎の世界的流行と、一刻も早くワクチンを開発しようとするCDC、デマゴーグによるパニックを描いている。冒頭、ハリウッドスターのグウィネス・パルトロウが香港旅行でアメリカに菌を持ち込んで脳炎でいきなり死体になる展開がショッキングだ。

 そのパルトロウがインスタにあげた写真が炎上した。飛行機の席で黒いマスクをした自分の写真にこんなコメントをつけたからだ。

「パリ行きなの。パラノイド? プルーデント(細心)? パニック? プラシッド(平静)? パンデミック? プロパガンダ?」

意識高い系に大人気、パルトロウのブランドGOOP』

 コロナ騒ぎを茶化してるんだろうか? パルトロウがしているマスクは1個1000円もする超高機能マスク。これも人々をイラッとさせた。

「今度はコロナで商売するつもりかよ!」

 なぜなら彼女は、ここ数年、怪しげな健康ビジネスを続けているからだ。

 2008年、パルトロウは自分のイニシャルのGPで2つのO(オー)をはさんだ、GOOP(グープ)というブランドを立ち上げた。GOOPは、ファッション、コスメ、フィットネス、サプリメントなど、パルトロウが推薦するハイクラスライフスタイルを売る会社。いわゆる意識高い系に大人気だが、特に「ウェルネス(健康)」系はジョークとも本気ともつかない商品が多い。

 たとえばバイブレーター。刺激する部分によってミリオネア(億万長者)、消防士、フランス人、テニスコーチの4機種がある。この名前は女性から人気の4種類の男性像を意味しているらしいが、いろんな意味で偏見に満ちてないか?

 それは害がないからまだいい。GOOPは2015年ヴァージナル・スティーミング(女性器蒸し)を推薦した。ヨモギの蒸気で女性器を洗浄する一回100ドル(約1万円)のサービスだが、すぐに婦人科の医師たちから「医学的にまったく無意味どころか、粘膜を熱するのは危険です」と批難された。

 でも、パルトロウは懲りない。2017年にはジェイドエッグなるクリスタル製の卵を66ドル(約7000円)で売り出した。これを膣内に入れておくと「性的エネルギーを増進する」という触れ込みだが、女性週刊誌に載ってる「恋人ができるパワークリスタル」の通信販売広告と同じで、まったく根拠がないまじないにすぎない。

 ただ、女性誌のオカルト商品広告とGOOPが違うのはビジネスとしての規模だ。売上はなんと2億5000万ドル! GOOPがこの手の健康法を沢山集めるウェルネス・サミットは、毎年何万人も集めるビッグイベントになっている。

 いくつかの消費者団体はGOOPを誇大広告で訴えて勝訴しているが、パルトロウは一向に反省した様子がない。

売るほどいい匂い

 2020年1月、なんと「これ、私のアソコみたいな匂いがする」と書かれたキャンドルを75ドルで売り出し、これがただちに完売した。

……この人はアソコのことばかり考えてるなあ。それにしても、どうやって匂いを採取したのか? いくつくらい作ったのか? 買った人はそんなにグウィネス・パルトロウが好きなのか? ロウソクに火をつけて、部屋中グウィネス・パルトロウのアソコの匂いで満たしたいのか? そもそも、売るほどいい匂いなのか?

 さまざまな疑問に応えて、コメディアンのジミー・キンメルは超レアな「私のアソコみたいな匂いキャンドル」を入手し、グウィネス・パルトロウ本人を自分の番組に呼んで、彼女をじっと見つめながら、そのロウソクの匂いを嗅いだ。

「うーん、これは……」キンメルは言葉を探す。「男らしい匂いですね」

 パルトロウは笑った。「ホントのこと言うとね、私のアソコはそんな匂いじゃないの!」え? 「これ、私のアソコみたいな匂い」って商品名なのに? じゃあ、誰の匂い?

「香水デザイナーが作った匂いよ。ジョークなのよ。アソコの匂いを気にしてる女性が多いから」

 また誇大広告かよ! あんた、もうアソコで商売すんの禁止!

「私の父を殺したのはトランプ!」 姪が告発した”父のご機嫌を窺う哀れな次男坊”の姿 へ続く

(町山 智浩/ノンフィクション出版)

©澤井健/文藝春秋