5年前にテロ事件で襲撃されたフランス・パリの新聞社「シャルリー・エブド」旧本社近くで2人が刃物で刺され、1人が重傷となっている。

【映像】現地の状況

 現地の報道などによると現地時間の25日午前、シャルリー・エブドの旧本社近くで若い女性がタバコを吸っていたところ、いきなり刃物で切りつけられるなど2人が刃物で刺された。うち1人が重傷だが、命に別条はないという。

 警察はこれまでのところ容疑者とみられる人物2人を拘束している。凶器は長い肉切り包丁とみられ警察は現在、現場付近の一帯を封鎖しているということだ。AP通信は検察関係者の話として「テロ事件として捜査を始めている」と伝えている。

 シャルリー・エブド2015年イスラム教預言者ムハンマドの風刺画を掲載し、イスラム過激派によって襲撃され12人が殺害された。今月2日には、この事件の初公判を前に再びこの風刺画を掲載し、波紋が広がっていた。
ANNニュース
 
2人が刃物で刺され1人重傷 5年前にテロ事件があったシャルリー・エブド旧本社近く フランス・パリ