人間と友達になりたかったマナティー

 大人になると体長3メートルを超える巨大な体を持つ海棲哺乳動物、海牛類(かいぎゅうるい)のマナティーは人懐っこいところもある。

 だがそんな巨体で近づいてこられたら人間はびっくりするもんだ。泳いでいたこの女性も最初はびっくりしたようだが、マナティーが仲間になりたそうに女性をみているもんだから、徐々にその距離を縮めていったようだよ。

―あわせて読みたい―

モフモフしてぇ!人懐こいマナティがダイバーの脚にしがみついてあふん。
マナティは相当ひとなつっこかった。パドルボードに乗った女性にご挨拶にくるほのぼのマナティ
そら人魚伝説できるわ。数々の船員たちが人魚と見間違ったシロイルカ。その理由はわき腹の肉にあった。
野生のマナティがあらわれた!仲間になりたそうに透明ボートに近づいてきたぞ(アメリカ)
マナティで道路が交通渋滞に。えっ?いったいどういうこと?(アメリカ)


Woman Befriends a Manatee After Initially Being Spooked

 大きさ的にはまだ子供なのかな。一頭のマナティーが近づいてきたので女性は驚いて逃げ出そうとする。

1_e1

 だがマナティーは女性を襲うわけでもなく、興味深く見つめているだけだった。

2_e

 マナティーに敵意がないことをしった女性は次第にその距離を縮めていって、すこしだけ仲良くなれたようだよ。

3_e0

 マナティは現在、アメリカマナティーアマゾンマナティーアフリカマナティーの3種類が確認されており、河川や湖、河口、沿岸などに生息している。

 哺乳類なので人間に近い生き物で、主に、海草や水生植物などの植物を食べる。好奇心旺盛で物おじせず人間に近づいてくることもある。

 海の牛、あるいは海の大型犬ともいわれているマナティ水族館の人気者で、水槽越しから来場者に近づいてきてくれたりするので、楽しいよ。


The Manatee: Dog of the Sea

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52294480.html
 

こちらもオススメ!

―動画の紹介記事―

目撃者多数!上空で光を放ちながらホバリングする謎の円盤型飛行物体(アメリカ)
そこに箱があるのなら!7匹の猫ズ、液状化して自らプラケに詰められる
ウィズコロナ時代のハロウィン時におけるキャンディーの渡し方
犬を引き取りに来たら猫がついてきました。施設に出向いた女性に子猫が猛アピール(アメリカ)
猫の魔の手はテレビ内にも伸びる。次々と転倒させられる人々

―水中生物についての記事―

タコだってなつくんです。タコとみずみずしい友情を築いたダイバーの物語
陸上を歩くことが可能な魚が少なくとも11種いることが判明(タイ)
ぱっくり割れた不思議な口を持つオタマジャクシ。その親ガエルをようやく特定(ベトナム)
巨大の怪物ザメ「メガロドン」のサイズが明らかに。背びれだけでも人間の背丈に匹敵(英研究)
うれしいニュース。死んだ我が子を運びながら17日間共に泳ぎ続けたあのシャチが再び出産。今度の子は元気に育っていた。
マナティーが仲間になりたそうに近づいてきた!