「友人が病気で苦しんでいる時、自分は何をしてあげることができるか…」―米テキサス州在住の高校生のために今月18日、71人が頭を丸刈りにした。がんで髪を失った友に「君は1人じゃない」と寄り添いサポートするためだった。『InspireMore.com』『ValleyCentral.com』などが伝えている。

米テキサス州のミッション高校でアメリカンフットボール(以下、アメフトチームに所属するラム・ガルシアさん(Ram Garcia、17)は最近、同州サンアントニオの病院で頭を丸刈りにした。ラムさんは白血病の治療のために入院中で、アメフトができないばかりか高校にも通えていない。頭にバリカンを入れたのは化学療法で髪が抜け始めたためだ。

そんなラムさんを元気づけようと今月18日、ピザレストランBrick Fire Pizza」の前にラムさんのクラスメートやアメフトチームメイト、家族ら約100人が集まった。

これはがんの治療で髪の毛を失った患者に寄り添うため、頭を丸刈りにして寄付を募る「Brave the Shave」というチャリティの一環で、この日は71人がレストラン前に並んだ椅子に座って頭を丸刈りにした。

イベントには同高校最大のライバルチームミッションベテランズ高校(Mission Veterans)」のアメフト部の監督や選手も多数参加し、みんなが心を一つにした。

ミッションベテランズ高校ヘッドコーチのデイビッド・ギルピンさん(David Gilpin)もそんな1人で、頭を丸刈りにするとラムさんにこんなメッセージを残した。

「ラム、今日は君をサポートするためにここに来たんだ。ライバルチームであろうとなかろうと、そんなことは関係ない。みんな気持ちは一つだ。君が元気になることを祈っているよ。」

またラムさんの父ラミロさん(Ramiro)は「たくさんの人が息子のために来てくれて、本当に感謝しているよ」と述べ、こう続けた。

「皆が頭を丸刈りにする様子は『FaceTime』でラムに届けたんだ。ラムは病院で泣いていたよ。嬉しかったんだろうね。しばらく会えなかった友人やライバルチームの監督までも『頑張れよ。負けるなよ。早く戻ってこいよ』と激励してくれたんだからね。」

「『みんなが1つの目的に向かって力を合わせ支えていく(one for all and all for one)』―そんな姿を見せてもらったよ。ラムは決して1人じゃない。本当に心強いよ。」

なおこの日の様子は動画に収められ「Maritza Esqueda」さんのFacebookに投稿されており、友人らがラムさんにこんなメッセージを残している。

「ラム! 君のことをずっと考えていた。闘い続けろ。祈ってるよ。」
「私も白血病サバイバーだ。今はつらいだろうけど、君も病気に打ち勝つことができると信じてる。」
「自分の髪は好きだったけど、ラムのために丸刈りにしたよ。頑張れよ。」
「みんながついてる。負けるなよ。」
「グラウンドで戦える日を待ってるよ!」

画像は『InspireMore.com 2020年9月22日付「Rival Teams Shave Their Heads Together To Support Player With Cancer.」(Facebook)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト