リークされたFBI文書に異星人とUFOの存在が?

リークされたFBI文書に異星人とUFOの存在が?/iStock

 こんなに宇宙は広いんだもの、異星人(エイリアン)が存在しないとは考えられない。もしかしたら、既に人類は異星人と遭遇しているかもしれない。

 先週海外の様々なメディア各誌で報じられていたのは、最近リークされたという1947年に作成されたFBIファイルの存在である。

 「Memorandum6751」と呼ばれるそれには、既に異星人の存在を確認しており、彼らが何度か我が地球を訪問しようとしている証拠をつかんでいるという内容が書かれているというのだ。果たして本当なのだろうか?

―あわせて読みたい―

新たに公開されたCIA文書から明らかになった世界各国のUFO目撃事例と超能力に関する調査結果
CIAのUFO文書:シベリア事件「知的生命体による恐怖の逆襲 」
新たに公開されたFBIの機密文書が明かすジョン・F・ケネディ暗殺事件に関する7つのエピソード
アメリカ国防総省、極秘計画でUFOの調査を行っていたことをついに認める
あのUFO映像は本物。軍機密解除で公開された未確認飛行物体は「本物」であると米海軍が認める(※追記あり)

最近リークされたFBIファイル「Memorandum6751」とは?

 1947年に作られたFBIファイルMemorandum6751」は、最近リークされたという。

 海外メディアによると、その文書には、すでにエイリアンの存在が確認されているだけでなく、異次元生物がこれまでに何度か我が地球を訪問しようとしている証拠もつかんでいることが読み取れるというのだ。特に注目すべきなのは”空飛ぶ円盤"という言葉が何度も出てきている点だという。

 ちなみに「Memorandum6751」という名前は、この文書の表紙に押された数字からきている。

 文書は全部で67ページあるようだが、最初のページにはぼやけた写真のコピーが見えるだけで、FBIの機密解除文書保管庫であるヴォールトには、さまざまな調査基準を当てはめても、これが保管されているようには見えない。

UFO-Alien Databaseのサイトからその一部を見ることができる。

1_e3


1947年7月8日付けの覚書


 以下は1947年7月8日付けの覚書と言われるものにあげられている箇条書きだ。

1. 搭乗員がいる円盤もあれば、遠隔操作されている無人機もある。

2. 彼らのミッションは平和的で、この地球のどこかに定住したいと考えている。

3. この来訪者たちは人間に似た姿をしているが、体がかなり大きい。

4. 彼らは地球人の親戚ではなく、彼ら独自の世界からやってきた。

5. 彼らは我々が知っている"惑星"からやって来たのではなく、我々には知覚できない
が、すでに地球に浸透している別の惑星から来た。

6. 彼らの体やその乗り物は、地球の物質の振動率に入りこむことで、自動的に実体化できるようになっている。

7. 円盤はある種の放射エネルギー、または光線のようなものを備えていて、攻撃してくるものを簡単に破壊することができる。思いのままに別の世界に戻ることができるので、こちらの視界から跡形もなく消えてしまう。

8. 彼らは惑星からやってきたのではなく、ロカスまたはタラスといわれる世界から来た。

9. そのための信号システムが開発されればの話だが、無線ではなく、おそらくレーダーでないと彼らの居場所はわからないだろう。


偶然にもロズウェル事件と同じ日?


 覚書の日付は、ロズウェル近くの農場に墜落した"空飛ぶ円盤"が回収されたと初めて新聞で報道されたのとまさに同じ日だ。これは偶然だろうか?

 書いた記者の名はわからないが、その人物はいくつかの大学の学位をもっていて、かつては大学の学部長だったという。また、この覚書は、FBI向けに書かれたもので、FBIそのものの調査報告書ではない。

 ロズウェルの初期の報告書と違って、異星からの来訪者たちのことを人間よりもずっと大きな巨人と言っている。

ufo-1942755_640

果たしてその信ぴょう性は?

 無名の書き手がどうやってこれらの情報を得たのかは記されていない。エイリアンスター紙によると、文書は最近公表されたとしているが、リンクされている動画は2018年のものであることを示している。残念ながら、ほかの66ページほどは公開されておらず、記事にリンクもはられていない。


Interdimensional Beings Are Visiting Us FBI Documents Confirm Declassified

 しかし、日刊紙のフィルム・デイリーのサイトには、根拠はないが、おもしろいことが暴露されている。

10年前、FBIの70ページの文書が機密扱いを解かれ、ヴォールトというオンラインデータベースに追加された。この文書は、たびたび「Memorandum6751」と呼ばれ、異次元生き物と空飛ぶ円盤についてふれている

 フィルムデイリーは、「Memorandum6751」が2010年に機密を解かれて、誰でも見られるヴォールトに入れられたと言っている。さらに、"たびたび・・・・・呼ばれ"とあるが、これは事実ではないようだ。

 確かにおもしろい。悪いニュースばかりの2020年のいい気晴らしにはなるかもしれないが、真偽のほどはどうだろう? 

 FBIの悪名高いホッテル・メモと同様、最初からでっちあげとして扱うならいいが、2020年UFO開示の年でもある。

 今後UFOマニアたちが「Memorandum6751」について詳しく調べてくれることだろう。結局は「空飛ぶ円盤」という文字が書いてあるだけの可能性もあるが、0.01%くらいは面白いことがわかるかもしれない。

References:dailystar / alienstar / filmdaily / mysteriousuniverse/ written by konohazuku / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52294882.html
 

こちらもオススメ!

UFO宇宙人についての記事―

目撃者多数!上空で光を放ちながらホバリングする謎の円盤型飛行物体(アメリカ)
UFO艦隊なのか?白昼に現れた点滅する奇妙な光(アメリカ)
金星で生命の痕跡を発見か? 大気から生命体によって生み出されるガスを検出(国際研究)
1000万個の星を調査した研究者、知的生命体の文明の痕跡は発見されずと報告(オーストラリア)
UFOなのか?オレンジ色のシートに包まれた円盤状の物体を積んだトラックがエリア51付近で目撃される

―知るの紹介記事―

コロナで映画館閉鎖の影響を受け、苦戦するポップコーン製造業者(アメリカ)
秘密基地って憧れるけど...駅の地下に隠し部屋を作ってしまった3人の交通局職員、バレて逮捕(アメリカ)
リンゴとチーズは最高の相性!焼きりんごのチーズケーキの作り方【ネトメシ】
これは目撃した方もびっくり。ペットのサーバルキャットが家を逃走。3日後に無事飼い主のもとへ(アメリカ)
日々習慣的に行っている一連の行動。結構複雑なのもあるけど、どうして習慣化できてるの?(米研究)
リークされたFBIファイルにUFOと異星人の存在が示唆されていた?(アメリカ)