詳細画像はこちら

PHEVを8年前から用意していたボルボ

textMatt Prior(マット・プライヤー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
4ドアサルーンステーションワゴン、SUVへ、いち早くプラグインハイブリッドPHEV)の導入を図ったボルボ自動車にかかる税金を減らし、燃費を向上させ、ドイツの主要ライバルより一歩進んだ姿勢は評価を集めてきた。

スウェーデン・ヨーテボリの自動車工場が、PHEVを製造し始めてから8年が経つ。その間に、ライバルブランドとのPHEVモデルの競争は、激しさを増している。

詳細画像はこちら
ボルボV90 リチャージT6 AWD Rデザイン(英国仕様)

英国では社用車として自動車税の制度が見直され、PHEVの重要性は高まっている。量産が進み、車両価格も相対的に安くなりつつある。

ディーゼルエンジンPHEVとの組み合わせや、ガソリンエンジンPHEVを組み合わせた高性能仕様など、さまざまなバリエーションに取り組んできたボルボ。そして今回、新しいPHEV版が追加された。大型モデルでは、コストバリューを意識した設定で。

それがT6。V60やXC60だけでなく、V90でも選択できるようになった、パワーが控えめの比較的手頃なグレードだ。

フラッグシップステーションワゴン、V90としては、一番の稼ぎ柱にはならないかもしれない。しかし、V90のラインナップの中で見ると、スイートスポットと呼ぶべき好バランスに仕上がっている。

V90には、大きなボルボとして伝統的に受け継がれてきた実用性と、ラグジュアリーな車内空間が用意されている。加えて、ユーザーにとってはうれしい四輪駆動でもある。

仕様次第で50g/kmを下回るC02排出量

C02の排出量は、仕様次第で50g/kmを下回る。価格も、メルセデス・ベンツBMWアウディPHEVモデルと比較して競争力に優れている。オプションを選び過ぎなければ。

ボルボV90 リチャージT6のカタログ燃費とCO2の排出量は、ライバルの一部よりはわずかに劣る。その理由は、T8にも採用されていた11.6kWhという、PHEVとしては大きめのバッテリーを搭載するため。

詳細画像はこちら
ボルボV90 リチャージT6 AWD Rデザイン(英国仕様)

そのかわり、ライバルと比較してEVモードでの航続距離は長い。さらに英国では、課税基準値となるCO2の排出量、50g/kmを切れるという点は大きい。

ただし、追加装備を沢山選択して車重が増えると、燃費も悪化して課税基準値を超えてしまう。欲張りすぎない方が良い。

今回の試乗車の場合、Rデザインと呼ばれるトリムグレードで、オプションの20インチアルミホイールと、アダプティブ・ダンパー、エアサスペンションを備えていた。リア側はセルフレベリング機能付きだ。

この内容でCO2の排出量は、50g/kmに収まる。運転支援システムや、テックやラウンジと呼ばれるトリムオプションも、恐れずに選択できる。豪華なB&W社製のオーディオシステムも付けられる。

ここに、例えば牽引フックや、リアシートへヒーターを内蔵してしまうと、英国では年間の税金が高くなってしまう。装備を取るか、税金を取るか、家族と相談することになりそうだ。

現代のボルボ製ワゴンに期待するとおり

筆者はこれまで、T8ツインエンジンと呼ばれるプラグインハイブリッドボルボを何台か運転してきた。V90のT6は、同じハイブリッドのT8より、多くの面で改善されているように感じる。

フラッグシップとして、T8以上に優れているわけではない。しかし、走行時の快適性や、車外からの隔離感という点では高い水準にある。加えてより静かに、経済的に走行できることは間違いないだろう。

詳細画像はこちら
ボルボV90 リチャージT6 AWD Rデザイン(英国仕様)

T6が採用するエンジンは、以前のV90 T5が搭載していたものと同じ4気筒ターボで、最高出力は253ps。T8が搭載する、ターボとスーパーチャージャーで過給される2.0Lの4気筒とは異なる。

T6のエンジンはとても静かに滑らかに、始動と停止を繰り返す。高負荷時でも、V90の車内を静かなままに保ってくれる。

力強い電気モーターがリアタイヤを駆動し、5万ポンド(680万円)以上する価格に相応しい、力強さも味わわせてくれる。現代のボルボステーションワゴンに期待するとおり。

ピュアモードで走らせれは、満充電なら32kmから48kmほどの距離を電気の力で移動できる。距離は、運転スタイルや、その日の気温にも依存する。もしバッテリーが空になっても、14.2km/L程度の燃費は簡単に得られる。

この走行性能が、好感触で丸みを帯びた、大きなボルボエステートらしい性格を高めている。どんな利用シーンにも、自然に溶け込むことができると思う。

この続きは後編にて。


ボルボの記事
ボルボV90 リチャージT6 AWD Rデザイン(英国仕様)
【EV人気の裏側】コバルト人権問題 労働者保護をリード、ボルボの「ブロックチェーン」とは
【グレード追加】ボルボXC40リチャージ 英国で「T4」発売へ プラグイン・ハイブリッド
ボルボXC40リチャージ・プラグイン・ハイブリッドT5インスクリプション

【モダン・ボルボの期待通り】ボルボV90 リチャージT6 AWDへ試乗 PHEV 前編