マイクロソフト2020年9月29日公式サイト上で、マイクロソフトAzure(アジュール)のサービスで認証エラーが発生する可能性があると告知した。

Azure公式サイト上から状態を確認すると、日本時間午前11時現在「Azure Active Directory」は、アメリカヨーロッパアジア太平洋、中東及びアフリカで警告マークが表示されており、世界的規模の障害となっている。

「メールがないということは、仕事もないってことだ!」

協定世界時UTC21時半ごろからAzurePublicとAzureGovernmentクラウド利用者の一部の間で、Azureポータルへのアクセスを含むMicrosoftもしくはAzureサービスの認証操作を実行する際にエラーが起きる可能性があるとしている。しかし日本時間午前11時現在、回復の兆候が見られるとしている。

これを受けてツイッター上では、「Microsoft365」がトレンド入りした。Azureを用いるMicrosoft 365TeamsやOutlookなどが利用できないといった声が相次いだためである。

Microsoft側の障害によりMicrosoft365サインイン出来ず。あ~仕事にならず、残念残念(笑)
「世界的にもoffice 365が逝ってるので日本のサラリーマンたちは今日は仕事休んでいいと思う。これはMicrosoftから与えられた休暇であると思うしかない」
Microsoft 365サーバー障害を後ろ盾に使って仕事をしないフォロワーが多い」

海外在住と思われるユーザーからも似たような声が上がっている。

microsoft teams is not working so i have decided to cancel all my homework plans(編集部訳 マイクロソフトTeamsが機能してないから、宿題計画を全部取りやめることにする)」
「It's a Microsoft office365 issue. No email means no responsibilities!(編集部訳 これは、Microsoft Office365の問題だ。メールがないということは、仕事もないってことだ!)」

Azure公式サイトより