BTSの「Dynamite」が返り咲き、通算3週目の首位を獲得した今週の米ビルボードソング・チャート。

 初登場の9月5日付チャートと12日の2週首位マークした後、2週その座を「WAP」に譲って3週振りにNo.1へ返り咲いた「Dynamite」。主要ポイントはいずれも上昇していて、エアプレイは前週から8%増加の2,080万回、ストリーミングは11%増加の1,400万再生を記録。デジタル・セールスは96%増加の153,000ダウンロードを売り上げ、セールス・チャートでは初登場から5週連続のトップを維持している。

 今週セールスが急増したのは、9月18日に「スロージャム」、「ミッドナイト」、「レトロ」、「ベッドルーム」の4バージョンによるリミックスが発売されたため。4つのリミックスは、売上全体の52%を占めている。発売翌週の8月28日には、「トロピカルリミックス」と「プールサイドリミックス」の2バージョンリリースされ、同じように売り上げが上昇した。

 デジタルソング・セールス・チャートで5週以上首位を獲得したのは。リゾの「トゥルース・ハーツ」(2019年9月~10月)以来、1年ぶりの快挙。なお、「トゥルース・ハーツ」は非連続での記録で、連続記録では昨年の年間チャートを制したリル・ナズ・Xの「オールド・タウンロードfeat.ビリー・レイ・サイラス」(2019年7月~8月)以来となる。デュオ/グループの楽曲がHot 100で3週以上首位を獲得したのは、2018年9月29日11月10日までの計7週をマークした、マルーン5の「ガールズ・ライク・ユーfeat.カーディ・B」以来約2年ぶりの記録更新。

 「Dynamite」の再浮上で2位にダウンしたカーディ・Bの「WAP feat.ミーガン・ジー・スタリオン」だが、週間3,580万再生を記録して、ストリーミングソング・チャートでは6週目の首位をキープし、R&B/ヒップホップソング・チャートとラップソング・チャートでは、それぞれ7週連続のNo.1をマークしている。ラジオも好調で、週間3,300万回を記録して21位から20位にTOP20入りした。

 今週3位に初登場したのは、ジャスティン・ビーバーの新曲「HOLY feat.チャンス・ザ・ラッパー」。初週2,600万再生を記録して、ストリーミングソング・チャートで2位、27,000ダウンロードを売り上げ、デジタルソング・セールス・チャートでも同2位にデビューした。エアプレイ・チャートでは47位に初登場している(1,860万回)。

 ジャスティンは、これでTOP10入り総数を20曲目に更新し、歴代12位タイ・20組目に浮上。男性ソロ・アーティストとしては歴代10位にランクインした。ゲストチャンス・ザ・ラッパーにとっては、3曲目のタイトルとなる。

TOP10入り総数上位アーティスト
41曲 ドレイク
38曲 マドンナ
34曲 ビートルズ
31曲 リアーナ
30曲 マイケル・ジャクソン
28曲 マライア・キャリー
28曲 テイラー・スウィフト
28曲 スティーヴィー・ワンダー
27曲 ジャネットジャクソン
27曲 エルトン・ジョン
25曲 リル・ウェイ
25曲 エルヴィス・プレスリー
23曲 ホイットニー・ヒューストン
23曲 ポール・マッカートニー
23曲 ローリング・ストーンズ
22曲 エミネム
21曲 ジェイ・Z
20曲 シカゴ
20曲 ザ・スプリームス
20曲 ジャスティン・ビーバー

 9月25日には、同曲に関連した「キャッシュ・ギブアウェイ・キャンペーン」をスタートさせていて、次週はその効果がチャートにも反映する可能性が高い。

 ドレイクの「ラフ・ナウ・クライ・レイターfeat.リル・ダーク」は4位に下降したが、前週から18%増加の4,680万回を記録して、エアプレイ・チャートでは13位から10位にTOP10入りしている。エアプレイ・チャートでのTOP10入りはドレイクにとって24曲目で、23曲で並んでいたマライア・キャリーを抜いてソロ・シンガー歴代2位に浮上した。1位は29曲をもつリアーナゲストのリル・ダークは初のランクインとなる。

 24kGoldnの「ムードfeat.イアンディオール」は、先週の6位から5位にランクアップし、自己最高位を更新。ロックオルタナティブソング・チャートとオルタナティブソング・チャートでは、5週目の首位をキープした。先週、歴代TOP5ランクイン数最長記録を1位に更新したザ・ウィークエンドの「ブライディング・ライツ」は、5位から7位にダウンして29週目の快挙を逃がしている。なお、R&Bソング・チャートでは、歴代最長の28週目に記録を更新した。

 先週の11位から10位に再TOP10入りしたのは、ギャビー・バレットの「アイ・ホープfeat.チャーリー・プース」。8月29日付チャートで同10位にTOP10入りした後、約4週ぶりに復帰を果たした。カントリーソング・チャートでは10週目の1位をキープしている。


Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは10月2日以降掲載予定となります。

◎【Hot 100トップ10
1位「DynamiteBTS
2位「WAP」カーディ・B feat.ミーガン・ジー・スタリオン
3位「HOLY」ジャスティン・ビーバーfeat.チャンス・ザ・ラッパー
4位「ラフ・ナウ・クライ・レイター」ドレイクfeat.リル・ダーク
5位「ムード」24kGoldn feat.イアンディオール
6位「ロックスター」ダベイビーfeat.ロディ・リッチ
7位「ブライディング・ライツ」ザ・ウィークエンド
8位「ウォーターメロンシュガーハリースタイル
9位「サヴェージ・ラブ(Laxed – Siren Beat)」ジェイソン・デルーロ with ジョーシュ685
10位「アイ・ホープ」ギャビー・バレットfeat.チャーリー・プース

【米ビルボード・ソング・チャート】BTS「Dynamite」通算3週目の首位、ジャスティン・ビーバー&チャンス・ザ・ラッパー3位初登場