俳優・福士蒼汰(27歳)が、9月29日に放送されたラジオ番組「ディア・フレンズ」(TOKYO FM)に出演。2011〜2012年に出演した特撮作品「仮面ライダーフォーゼ」(テレビ朝日系)を振り返り、「まさかのリーゼント。1年目だったので何も言えなくて」と語った。

もうすぐキャリア10周年を迎える福士に対して、番組パーソナリティ坂本美雨が、主演デビューとなった「仮面ライダーフォーゼ」でのインパクトのある髪型について聞くと、福士は笑いながら「そうなんですよ、仮面ライダーと言えばイケメンで、髪の毛も外ハネでうねうねしてイメージがあったんですけれどまさかのリーゼント」とコメント

福士は「当時、まだ1年目だったので何も言えなくて。でも今となってはすごくいいキャラクターで」と当時を振り返る。

現在はドラマ「DIVER-組対潜入班-」でダークヒーローを演じていることについて「悪でありながらヒーローであるというなんかこの絶妙なキャラクターは初めてだったので、新しい顔かなと思います」と語った。