新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府は「特別定額給付金」を閣議決定したが、給付金を受け取った人はどのくらい使ったのだろうか。

【その他の画像】

 20~50代の男女に聞いたところ「0円」(36.2%)と答えた人が最も多く、次いで「10万円」(34.1%)であることが、リスクモンスターの調査で分かった。「2万円以上4万円未満」と答えたのは8.7%、「4万円以上6万円未満」は7.0%。

 男女別でみると、「男性」のほうが「女性」よりも消費金額が大きい傾向があり、年代別では「20~30代」よりも「40~50代」のほうが10万円を全額消費している割合が高く、消費率が高い様子がうかがえた。

 給付金を使った人に、使い道を尋ねたところ「食品・衣料品」(37.3%)と答えた人が最も多く、次いで「趣味」「その他生活費」(いずれも26.0%)、「家電製品」(21.6%)という結果に。自由回答として「入院や出産などの医療費」「子供の教育費・学費」「年金や健康保険、税金の支払い」「寄付」といった使途が挙げられた。

 インターネットを使った調査で、20~50代の男女500人が回答した。調査期間は8月31日から9月2日まで。

給付金10万円、いくら使ったのか