離婚をする際、夫婦2人だけならスムーズに事が運んでも、子供がいると揉めることも。実際、双方が親権を譲らないために調停や裁判になることも珍しくない。

 3年前、4歳年下の妻と離婚した徳山正和さん(仮名・44歳)は。一人息子(当時13歳)の親権を自分が持つと主張。しかし、妻も自分が育てると親権を訴え、引き下がろうとはしなかった。

◆不倫を告白した妻が親権を主張

「母親だから簡単には手放そうとはしないだろうと覚悟していました。私も自分1人で育てていくのであれば親権を諦めたと思いますが、実家で両親のサポートを受けながら暮らす予定だったため、支障になるものはありませんでした」

 ちなみに離婚原因は妻の不貞行為。相手はパート先のショッピングセンターに出入りする業者の男性で、離婚の2年前から関係が続いていた。

「実は、そのころから夜の関係を『今日は疲れているから』など何かと理由がつけられ断られるようになりました。それで私も誘うのをためらうようになり、完全のレスではなかったですが年に数回とかそんな状態でした。それに片時もスマホを手放さなくなり、お風呂に入るときも持ち込んでいた。夫婦の会話も息子を挟んでしかしなくなりましたし、さすがの私もそんな妻の行動を不審に思うようになりました」

 しかし、不倫は妻自らの告白で発覚。「好きな人がいるから別れてほしい」と言われたという。

「『私を結果的に裏切ってしまったことは申し訳ないと思っています』とかそれっぽい謝罪の言葉は述べてましたが、相手男性との不倫が真実の愛と言わんばかりの口ぶりで正直吐き気を覚えました。彼女は不倫相手と一緒になるつもりで慰謝料も払うと言い、そこで揉めることはありませんでした。けれど、息子の親権についてはいくら話し合っても平行線だったため、本人にどちらと一緒に暮らしたいか聞いてみることにしたんです」

◆瞬殺で拒否した息子の激しい言葉

 すると、息子は「そんなの父さんに決まってるじゃん。ウチらを裏切っておきながら親権とか主張するな。お前と知らないオッサン(不倫相手)と一緒に住むなんて死んでも嫌だ」と即答で拒否。息子自身も家を空けることが多く、帰りも遅かった母親のことを不審がっていたらしく、不倫の事実を知ると彼女のことを軽蔑。小さいころは母親っ子だったが、一転して憎悪の対象として見るようになったというのだ。

「私もまさか息子が妻をそんな風に見ていたとは意外でした。もっと早く気づいてやるべきだったと思いますし、父親として早い段階でケアできなかったのは今でも申し訳なく思っています。息子は『悪いのはあの女(母親)。父さんが自分を責めるようなことじゃないよ』と言ってくれましたけどね」

 なお、母親は息子の一言が余程ショックだったのか、その後は親権を手放すことにあっさり合意。それでも彼女なりに息子との関係をなんとか修復しようとしたが、それは最後まで叶わなかった。

◆今も息子は母親を憎んだまま

「妻は家を出ていくとき、『○○(息子)のこと、くれぐれもお願いします』と私に言いましたが、その場にいた息子は『別にお願いなんかされなくても父さんと上手くやっていくから』とそっけなく返しただけ。あれから3年以上が経ち、息子も高校生になりましたが妻とは本人が面会を拒否して一度も会っていません。

 ただ、私たち夫婦は別れてしまいましたが、息子と妻が親子なのは今も変わりありません。いくら不倫したとはいえ、母親を憎しみの対象として見てしまっていることが父親として本当に申し訳なくて……」

 なお、母親は離婚後に不倫相手と再婚したが、その彼とも1年半ほどで離婚。現在は安アパートで暮らしながら惣菜工場のパートとして働いている。

「あくまで又聞きですけど、かなり苦労しているみたいです。以前は週3~4日の数時間のパートでしたが、今は2つのパートを掛け持ちしてしているそうです。しかも、時給だってたかが知れていますから生活にギリギリでしょう。彼女が選んだ人生の末路とはいえ、一度は好きで結婚して子供までもうけた相手ですからね。最後は裏切られましたが自業自得だ、ざまーみろなんて気分にはなれませんよ」<TEXT/トシタカマサ>

【トシタカマサ】
ビジネスや旅行、サブカルなど幅広いジャンルを扱うフリーライター。リサーチャーとしても活動しており、大好物は一般男女のスカッと話やトンデモエピソード。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中。