米Microsoft9月29日(現地時間)、前日に発生した「Microsoft 365」の大規模障害について、影響を受けた企業の管理者宛メールで説明したと米CRNが報じた。

【その他の画像】

 Microsoftは「コードの問題でインフラの一部で認証要求の処理が遅れ、複数のMicrosoft 365サービスアクセスできなくなった」と説明した。

 同社は現在、原因究明のためにコードレビューしており、5営業日以内にインシデントレポートを出すとしている。

 この問題は、米東部時間の28日午後5時25分~午後10時25分の約5時間、ユーザーに影響を及ぼしたという。

 これとは別に、Azureでも28日午後5時25分~午後8時23分の間、認証操作中にエラーが発生したという。こちらの原因は「最近加えた構成変更がバックエンドに影響し、認証要求の遅延を引き起こした」としている。

Microsoftは日本時間の29日午後1時、問題は解消したとツイートした