プロ野球Jリーグ、救急隊員・医療従事者へ広がる「入眠時に手のひらにあるAVA血管を冷やし深部体温を下げる事で、より早く・深く眠れる」新しい習慣。今なら、国を挙げての研究と、商品開発で世界シェアNo.1を狙えます。
松浦工業株式会社大阪市 取締役 井戸英二)は、成長戦略づくりに関わるキーマンたちの参考となるよう、海外の販売店用に作成した英語版 YouTube 動画を9月30日公開しました。

YouTube 動画:海外バイヤー向けPR動画>
・約6分「Your Everyday's Sleep by "IceBattery(R)inside"」

YouTube 動画:救急隊員向け日本語版>
・全国の救急隊員さんへ「昼間も夜間もぐっすり眠れる、手のひら冷却」の紹介
 https://youtu.be/-Md72Vp6g_w
<使用方法>
1.家庭の冷凍庫で10時間以上冷やす。
2.就寝時に使用する際は、表と裏で心地よいと感じる面に手のひらをあてる。
・ロゴが入ってる面が表面温度20度(体感温度約25℃)、裏面が表面温度10度(体感温度約15℃)。
3.商品は中性洗剤で水洗いでき、冷凍庫に戻し繰り返し衛生的に使用できます。
4.途中で手から離れたり、冷めた過ぎると感じたらタオルを巻いたり、冷やすのを止める。

ユーザーの声>
・手のひら側にロゴ入り表面が当たるように持って寝ましたが、体温が下がって眠くなるのか スーッと眠れる感じがしました。寝ている間に手から離れてしまう為、朝、目覚めると布団の上が湿ってしまいました。(アイスバッテリーの結露で…)なのでタオルなどで巻いて使用するとよいなと思いました。
・手のひらにあてて寝るだけで、12時間以上もねむれました。効果にビックリです。平置きで凍らせると、サイズが少し大きいので、マチを作って筒状で凍ってくれると、より握りやすくなってイイと思います!カバー(外側)の触りごごちもとてもいいです。
・ロゴが入っている面と裏面が温度がちがうためすごく使いやすいです。また、サイズも手におさまりやすく睡眠時以外でも日常的に使用できると思います。寝る時は手に持っていてもねぞうで手放しているので、どれ程の効果をもたらしてくれたかが実感しにくいものではありますが、更年期障害で女性は手のほてりがあるなど聞くので、意識して持って寝るのは良い事と思います。また、洗える事、デザイン、肌ざわり、とても良いです。

<なぜ、今なら輸出商品に育つ?>
・入眠時に深部体温を下げる事が良質な睡眠につながるという認識は睡眠学者の間で昔からあったものの、深部体温を下げる手段が就寝前にお風呂に入るぐらいしかなく、「手のひらを冷やす」というのは誰でも始められる手軽な方法で、日本の地方が持つ匠の技を結集させて魅力的な商品を開発できれば世界市場での普及が期待できます。
・正式な臨床研究は2021年のため、上記の声はあくまで個人の感想となりますが、世界10兆円睡眠ビジネスという存在を地方創生のキーマンが知り、「手のひらにあるAVA血管の働きに着目し、最適に冷やす道具とサービスの開発」を他国に先駆け日本の地方で進める事による成長の可能性を感じていただけると思います。

まつうら工業は、1946年創業、一貫して「暮らし応援」商品の開発をしてきました。当社にはエリートはおりませんが、「日本の力はこんなもんじゃないんだ」という問題意識を持つ志の高い人材はおります。「手のひらを冷やすだけで、世界中の睡眠に悩み人に希望の光を!」というテーマに可能性を感じ、弊社と一緒に汗をかき、世界市場の開拓に挑戦してくださる企業や研究機関も募集しております。

配信元企業:松浦工業株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ