image:写真AC

人気作品「名探偵コナン」の漫画家青山剛昌さんの出身地である鳥取県にある、鳥取砂丘コナン空港コナンクラスタの聖地としてファンが訪れる観光地としても有名です。そんな鳥取砂丘コナン空港が新たな装飾を施したとして、ファンが事件レベルのヤバさと歓喜する事態となったのです。一体どのような新装飾が施されたのかというと・・・。

鳥取砂丘コナン空港、米花保育園モチーフ装飾が誕生

名探偵コナンコミック87巻に収録されている、新一と蘭が保育園で初めて出会ったエピソードサクラ組の思い出」をモチーフにしたキッズコーナーが新登場しました。

米花保育園キッズコーナーに「新一と蘭の始まりの場所ですね」「新一と蘭の尊さが事件レベルのヤバさ」「キッズコーナー可愛すぎぃ!」「コナン空港のキッズコーナー可愛すぎる」「よく見ると、すべり台の下に現場検証でよく見る人型が」「これは事件です!」と、コナンクラスタが歓喜している様子が伺えました。

87巻の表紙で描かれている幼稚園児のコナンくん、そしてコミックではモノクロで描かれていたチビ蘭ちゃんはカラーで登場しているなど、見所が沢山で隅々まで見たくなってしまいますね!

image:秒刊SUNDAY

image:秒刊SUNDAY

キッズコーナーですが、残念ながら現在は新型コロナウイルス感染防止のため、コーナーに入って遊ぶことができません。

しかしながら鳥取砂丘コナン空港コナン一色で他にも見所が沢山となっています。

名探偵コナンの世界にどっぷり浸ることができる鳥取砂丘コナン空港に、感染症対策をして是非訪れてみてはいかがでしょうか。

コナンライバルで大人気キャラクター怪盗キッドの知られざる真実がヤバいとも話題になりました。

source: 鳥取砂丘コナン空港



画像が見られない場合はこちら
鳥取砂丘コナン空港、事件レベルのヤバい事態になっていると話題に