自民党杉田水脈衆議院議員が「女性はいくらでもうそをつける」という発言を一転して認め、謝罪した。

 杉田水脈議員は、先週、性暴力被害の支援に関する党の会議の中で、「女性はいくらでもうそをつける」と発言し、批判を浴びていた。

 杉田氏は当初その発言は「していないということを強く申しあげておきたい」と自身のブログで否定した。しかし、昨日、下村政調会長から発言に関して丁寧に説明するよう注意を受け、今日になってブログを更新し、発言があったことを認めた。

 また、「嘘をつくのは性別に限らないことなのに、不快な思いをさせてしまった方にはお詫び申し上げます」と謝罪した。

 自民党は事態の収拾を図りたい考えだが、立憲民主党の安住国対委員長は、「嘘をつき、侮辱する発言をしていて議員の資質が問われる」として、批判している。(ANNニュース
「嘘をつくのは性別に限らないこと」杉田水脈議員が一転、謝罪 「女性はいくらでもうそをつける」発言認める