日立のCMソング日立の樹」の歌詞の、「この木なんの木」というフレーズを耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか。

実は日立が、日立の樹として企業CMに採用している木は、ハワイにある木なんです。

この記事では、その木について詳しくご紹介していきます。

日立の樹の正体は?





日立の樹としてCMに採用されている木は、ハワイ州・オアフ島のホノルルにある、私有公園モアナルア・ガーデンにあるモンキーポッドという種類の木です。

公園の真ん中に生えていて、高さ約20メートル、樹冠部分は直径約40メートルで、傘状の樹形が特徴的な非常に巨大な木。

なおかつ、樹齢130年と推定されているとても貴重な木で、ハワイの「Exceptional Tree」に認定されています。


企業CM採用の歴史




日立1976年以来、モアナルア・ガーデンのモンキーポッドを企業CMに採用しています。

日立が開設した「日立の樹オンライン」によると、日立グループの総合力と成長性、事業の幅広さ、力強さを、「大地に根を伸ばし、大きな枝を広げ、色とりどりの花を咲かせて実を結ぶ1本の大樹」にたとえているそうです。

日立の樹」というCMソングが流れる企業CMは1973年から放送がスタートしましたが、1976年から放送され始めた2代目のCMで初めてモンキーポッドが採用されました。

その後、1979~1983年の間は、モンキーポッドは使われませんでしたが、視聴者の熱い要望に応え、1984年に放送がスタートした6代目のCMにてモンキーポッドが再登場。

以降、現在の9代目のCMまで続けてモンキーポッドが使われています。


日立と樹とモアナルア・ガーデンの保守費


モンキーポッド

モアナルア・ガーデンは一般公開されていますが、入場には料金がかかります。

公園の入場料がモアナルア・ガーデン全体の保守および維持に用いられるそうですが、それだけではまかなえないそうです。

そのため、日立の樹は今や日立のイメージブランドにもなっていることから、日立が公園を管理する地元企業に年間約40万ドル(約4800万円)支払い営業目的での独占的撮影権を得て、管理企業は日立から支払われる費用で公園の年間保守費をカバーしているそうです。


日立の樹に採用されている「モンキーポッド」を見に行こう




日本でも有名な、「日立の樹」ことモアナルア・ガーデンのモンキーポッド
せっかくハワイに行ったのなら、見てみたいですよね。

モアナルア・ガーデンにはワイキキから車で20分で行けますので、ぜひ訪れてみてください。

公園内にはモンキーポッドが何本か生えていますが、日立の樹のそばには看板があり、なんといっても大きいため、すぐに分かるくらい探しやすいです。






日立のCM「この木なんの木♪」で有名なハワイのモンキーポッド