声優の富田耕生さんが9月27日に脳卒中のため死去したことが、所属事務所ぷろだくしょんバオバブから発表されました。84歳でした。

【画像】ぷろだくしょんバオバブの発表

 富田さんは東京都出身。劇団所属の舞台俳優を経て、1963年放送の「鉄人28号」で大塚署長の声を演じるなど日本のテレビアニメ黎明期から声優として活躍。「マジンガーZ」のDr.ヘルや、「ゲッターロボ」の早乙女博士、「超電磁ロボ コン・バトラーV」の四ツ谷博士、「惑星ロボ ダンガードA」の大江戸博士、「サイボーグ009」(1979年版)のギルモア博士など、ロボット・SFものアニメで博士と言えばこの人の声といわれるほど、多くのキャラクターを演じました。また、日本テレビで放送された「ドラえもん」(1973年)で初代ドラえもんを演じたことも知る人ぞ知る仕事の一つです。

 「優しいオヤジさん」のイメージそのままに、ユーモアいっぱいにしゃべるコミカルな芝居と、時折見せるシリアスな演技で独特の魅力を放つ唯一無二のその声は、世代を超えて多くのファンの耳に刻まれていることでしょう。

 富田さんの訃報に、声優の千葉繁さんは「数多くの作品でご一緒させて頂きましたが、いつも朗らかでスタジオを明るくしてくれる大先輩でした。御冥福をお祈りします」とTwitterコメントしています。

富田耕生さん(ぷろだくしょんバオバブ公式サイトから)