10月1日日本学術会議が会員に推薦した研究者が内閣によって任命されないという、日本の高等学術史上、前代未聞の出来事が報じられました。

JBpressですべての写真や図表を見る

 以下に記すように、朝日新聞出版が発行する「AERA」も、火のない所に無意味な煙を立てるような真似はさっさと撤回し、本当に重要な問題を直視するよう、目を覚まさねばなりません。

 かつては「朝日・岩波・NHK」といえば、日本のオピニオンメディア、知の良心として知られたメディアだったように思います。

 岩波文化人などと言う言葉もありました。私自身、この3つのメディアと30年来長い縁があります。

 朝日は寄稿もさせてもらい、四半世紀が経過しますが、特にAERAについてはオウム真理教事件の折にはブレインとして連載を支えました。担当していた井原圭子記者は元同級生で、のちのAERA編集長も務めています。

 NHKニューステーマ教育テレビ「芸術劇場」など、かつての看板番組の音楽を担当しましたし、岩波も「科学」「思想」2つの看板雑誌で長年連載を持たせてもらいました。

 現時点では岩波書店は関係ないのですが、とりわけAERAについては、大いに疑問符をつけざるを得ない報道を目にしてしまいました。

 私の所属する指定国立大学法人東京大学に関する大誤報がありました。まず、あまりにあからさまな誤報から検討してみます。

国立大学法人に存在しない「総長選挙」

 9月25日付「AERA」編集部「石田かおる」名義の誤報、実物から確認してみます(https://dot.asahi.com/aera/2020092500054.html)。

 原文を引用しましょう。

東京大学では五神(ごのかみ)真・総長の来年3月の任期満了に伴い、9月30日、次の総長を選ぶための、教員による大規模な選挙が予定されている」

 この石田かおる記者が、社員専従なのか、外注のライターなのかは知りません。

 しかし、最低限の裏とりすることなく、入稿できてしまうこと、そしてそれがトンネルしてしまうデスクであるのは、朝日本紙に多数存在する同級生や後輩、教え子たちとも話し、大恐縮されました。

 よろしいでしょうか?

 指定国立大学法人東京大学に、2020年時点で「教員による」「総長を選ぶための」「選挙」という制度は存在しません。

 指定国立大学法人東京大学の総長は、選挙では選ばれません。総長選考会議が決定します。

 正規のプロセスをリンク(https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/articles/z1303_00002.html)しておきましょう。

 AERA「石田かおる」名義の記事はあきらかな誤報ですが、本稿を校正している2020年9月30日深夜の時点でも、残念ながら修正はされていません。

 つまり、リスク管理能力がゼロの編集部であると判断せざる得ない。かつて連載を支え、筆者の一人としても寄稿を続けた者として、大変残念です。

 明らかな誤報を見つけ、いまは本社に移ってしまいましたが、井原圭子前編集長にメールしましたが、一両日のタイムラグがあり「編集部に伝えました」との返信。

 しかし、そのあとまる2日ほど経過しても、およそ直る気配がない。

 実はその間、東京大学では次期総長候補の「意向投票」という、選挙とは似ても似つかない投票がありました。

 1回の投票でシロクロがつきましたが、その投票終了後までおかしなデマを流し続けていたとすると、「意図的であったのでは?」と疑われても仕方がない。

 それくらい、致命的な朝日AERAの誤報でありました。

国立大学法人総長はどのように選ばれるか

「それでも、投票があったのなら、東大総長<選挙>なのではないの?」。そういう初歩的な質問を私は歓迎します。

 実際、国立大学法人の総長「選考」は、選挙とは似ても似つかない、まるで正反対のプロセスを踏みます。

 まず、東大総長「選考」には「立候補」がありません。

 というより「なりたくてなった総長にロクなのはいない」というのは、東大関係者はよく知るところです。

 本人がやりたいかどうかはどうでもよく、経営サイドから推挙のあった、大学の舵取りに向いていると判断された人が、信任投票を経て任命されるのが総長の実態です。

 選挙公約を掲げて有権者に信を問い、多数の賛同を得た人が選ばれる、民主主義体制での議員や首長選びとは全く違う。

 そのような体制が必要になった理由は、偏に「国立大学」であったものが「独立行政法人」たる「指定国立大学法人」に変質したことによります。

 かつて2001年から2004年まで、30代の助教授として「国立大学末期」から「独立行政法人」にシフトする過程で職務を担当し、大学が幾多の血も流した経緯を知る当事者として、広く周知して問題のない本質をご説明いたしましょう。

 一言でいうと「国立」から「独立」採算のシステムに変わった。そこにすべてが集約されています。

人気投票で社長を選べるか?

 いま、あなたのお務めの会社(があるとして)の社長さんが、どういうプロセスで選ばれたかを考えてみてください。

 社員の人気投票で選ばれた人が、社長をやっていますか?

 あり得ませんね。取締役会など経営に責任を持つ組織で、社長の人事は行われます。

 しかし、会社がもう一つ責任を持たねばならない対象があります。それは株主です。株主総会で信任を得なければ、経営陣は続投することなどできません。

 国立大学法人システムは、まさにこれと同じ形のものを国の制度として徹底して厳密にしたと思うと当たります。

 総長を選ぶのは、あくまで「取締役会」の総意であって、社員の入れ札などではあり得ません。

 そうでなく、もしも社員の人気取りみたいな経営に終始するならば、「独立採算」で立っていかねばならない行政法人は、早晩倒産してしまうでしょう。

 かつての「国立大学」は、そういう放漫経営が成り立っていました。

*大教授の机は50万円、イスは30万円也

 私が東大に任「官」した1999年、当然ながら国立大学でしたが、私の教官室の什器、つまり椅子や机を選ぶことになり、大塚商会などのカタログから選ぶことになったのですが・・・。

 驚きのあまり、声が出ませんでした。

 当時の国立大学東京大学の教授というのは50万円の机の前に30万円の椅子で仕事する環境になっていたのです。

 ある意味それは無理ないことで、国の財務執行後払いのため、下手したら1年待たされるんですね。

 しかし私は「モノを大切にする」理学部物理学科、小林俊一研究室の出身で、小林先生は東大副学長から理化学研究所理事長に転じられた際、あらゆる無駄を徹底して切り詰める健全化で怖れられました。

「什器代が150万ある。でも什器は一つも要らないから、コンピューターアクセサリーなど、必要なものを買わせてくれ」と頼み、実際その通りにしました。

 しかし、しばらくすると周囲の研究室で、高価だけどかさばる椅子や机が放出されて、2か月も経つ頃にはすべての什器がご近所のお古で揃ってしまった。

 その後、私が什器を導入したのは、物理の先輩・三尾克典さんが柏に移る際にお古を沢山もらい、小宮山宏さんが副学長から総長に就任する際、家具を全部そっくり受けておしまい。

 四半世紀来、什器に予算を一銭も使ったことがありません。

 任官当初、この折のやり取りを忘れられません。

当時の上長:「いやー、そんなの気にしなくていいんですよ、どんどんお金を使えばよい」

30代の私:「うちの親研究室は、そういう学風じゃなかったですから、いいです」

当時の上長:「いや、お金は使えば使うほど、翌年は余計に取れてくるものなのです。かつ、その方が担当官も喜ぶ」

30代の私:「・・・」

 この直前まで、貧乏所帯のテレビ番組「題名のない音楽会」の芸術監督として四苦八苦していましたので、何たる意識の違いか・・・と、唖然とせざるを得ませんでした。

 こんな感覚は、国立大学、つまり税金でノーリスク、ハイリターンの収支になるから許されたわけで、「独立採算」となってしまえば、こんなことは許されません。

 ちなみに上に記した上長は、のちにもう少し上の「長」の字がついたような気がしますが・・・勘違いだったかな・・・何であれ、こういう感覚で国立大学法人は決して経営していくことなどできないと言わざるを得ません。

「意向投票」は株主総会

 社長は取締役会などが選びますが、経営陣の方針は、株主総会によって信任されなければ維持継続することができません。

 国立大学法人東京大学における「総長候補」に対する「意向投票」とは、まさにこれに近い形の信任投票であって、立候補したり、有権者が公約に附託したり、という性質のものでは全くないのです。

 これは「株式会社**物産」の社長を、社員の人気投票で選ぶわけではないのと同じです。

 今年度、総長の選考が行われますが、選考の主体はあくまで総長選考会議で、そこで候補を絞り、最終決定も下します。

 以下に、大学が公開しているカレンダーを引用し、確認してみましょう。以下2020年の日付で

4月28日(火)総長選考の開始の公示
6月9日(火)第1次総長候補者の推薦(代議員会)

6月24日(水)第1次総長候補者の推薦(経営協議会)
9月7日(月)第2次総長候補者の選定(総長選考会議)

9月30日(水)第2次総長候補者への意向投票
10月2日(金)総長予定者の決定(総長選考会議)

 すでに9月30日の夜で、意向投票の結果は出ていますが、これは10月2日の正式決定までは、学外で言及しないことになっていますので、規則遵守で私はここに何も記しません。

 もしそれと思しいホームページなどあれば、デタラメのデマであるか、あるいは内部の通達の禁を破ったものであって、ロクなシロモノではありません。

 どこの世界に、次期経営首脳人事が正式決定以前に情報駄々洩れする会社があるでしょう?

 あるとすれば懲戒解雇寸前の崖っぷち社員とでも見るべきでしょう。

 現在の国立大学法人は、法の定めに従って正確に、総長は「選挙」などでは選ばれず、「総長選考会議」が「決定」します。

 それを「教員による大規模な選挙」と、こともあろうに、かつてはオピニオンマガジンとして社会の良心を附託もされた朝日のメディアAERAが、ワンクリックで裏の取れるこんな基本的なこともチェック、修正することができず/あるいはあえてせずであれば、意向投票に与える悪影響を考えれば、ほとんど犯罪的です。

 朝日の看板に泥を塗ったことは、間違いありません。

 AERA当該記事は「選挙」の一語にとどまらず、数行読めば恣意的な表現がボロボロ出てくる、凄まじくお粗末な代物でした。

 曰く「ところが、その候補者一覧を見て教員たちは違和感を覚えた」

・・・教員たちって誰ですか。少なくとも、私のように一定、この大学の経営の窮状を知る者には、ああ、ここまで絞り込んだのかと、全く自然に映るものでしかありませんでした。

 仮に10%、違和感を持つ人がいても、残り9割方は「そういう流れになったか」と思っただけ。

 それが現実で、選考会議に出席しなかった部局長たちから要望が出された件も意向投票2日前の9月28日にはすべて氷解して、当日を迎えています。

 ところが、投票終了後までAERAの誤報は出続けている。こういう症状を称して「リスク管理の欠如」と呼ぶべきでしょう。

 曰く「今回も下馬評で最有力候補とされていた」

 そんな下馬評など、どこにも存在していません。そういうリークをしたのがいる様子で、それをただガキの使い宜しく、ただ書き並べ、裏も何も取っていない。

 東大教員10人に「今回総長選考で下馬評の最有力候補がいましたか?」と尋ねてみたらいい。

 よろしいでしょうか?

 人事というのは、事前に漏れたら、潰れるものです。

 もし本命がいたら、その名前は直前まで伏せておくのが賢明、世間を知っていれば当たり前のことでしょう。

 あ、東大教授は世間知らずの集まりでしたか。私もその一人ですので、何も判断はできませんが(苦笑)。

 極めつけのお粗末。

 曰く「教員たちが総長選に『学内の民意が反映されているか』に敏感に反応するのは、『大学の自治』に対する危機感があるからだ」

 この「石田」なにがしが取材しているのは、特定の意見を表明して団結している数人の「教員たち」だけであることが、分かる人には文面からはっきり読み取れます。

 しかし、こんなふうに「教員たち」などと記すと、まるで大学教員の過半数が思ったように見えてしまう。

 およそお粗末な、子供だましの誘導で、失笑するしかありませんでした。

 意向投票有資格者の絶対過半数は、状況を見て、別段騒ぎ立てたりもせず、たった1回の信任投票ですべて終わっています。

 お粗末なAERA記事は、それまでは実名なのに、1人だけなぜか匿名の教員を登場させて次のように語っています。

「60代の理系の教授は言う。『選考過程に疑念を抱かれたまま選出されても、新総長は重荷を背負うことになる。だれもが納得するかたちで選ばれる道筋をつけることが大事だ』」

 しかし、異論なく一発でシロクロがついている。これほど分かりやすい大学人過半の意思表明はないといってよいでしょう。

 さらにお笑いのオチがつくとすれば、今回の意向投票は、たった1回で過半数を占める候補が決まり、何のトラブルもなく終了したという事実です。

 いや、実際にはZOOMログインできない教授職が大量に出る、電子投票システムが開かない・・・など、テクニカルな問題は山のようにありました。

 13時にスタートして1回の投票が15分程度とみられていたものが、16時半頃になって、やっと1回目が終わったというようなアクシデントはあったのですが・・・。

 本稿は10月2日以降のリリースですので、この程度のこぼれ話は、お許しいただけると思います。

 つまり、コロナ対策で東大史上初めての「電子投票」となり、無数のアクシデントはありましたが、意向投票そのものには、何一つ、混乱などなかった。整然と終わりました。

 つまりAERAの記事など、イエロージャーナリズム的な誤報や陽動を、誰も相手にしていなかった。

 AERA誌そのものの動脈硬化も、すでに休刊寸前のところまで来ているのではないか、と逆に心配になってしまいました。

 誤報を直す前に、媒体そのものの効力が、とっくに失せているのかもしれません。

 30年前私は、学生として参加した札幌の音楽祭で、校長先生であった作曲家=指揮者のレナード・バーンスタインインタビューする機会がありました。

 作曲家・武満徹監修の雑誌「MUSIC TODAY」の記事にするためで、ドクターストップであらゆるメディアを取り仕切っていたブランデックス・ジャパンという会社が排除していました。

 そこに「作曲家としてのマエストロのお話を伺いたい」と学生の私たちが申し込んだ者だけ、ドクターストップがあったので「5分」OKが出たのですが・・・。

 話が進むうちに気持ちが入ってきたマエストロ・レニーは、結局45分あまり、いかに自分が作曲で不遇だったか、涙を流しながら熱く語りました。

「いや、そんなことないですよ、シンフォニーの1番はこれこれ、2番はこれこれ、広島で演奏された3番はこれこれ・・・」と、一つひとつていねいに反証すると、名状しがたい泣き笑いのような表情を浮かべ、抱擁でマエストロのインタビューは終わりました。

 非常にすっきりした表情のマエストロ、直後に、断られてもしつこく部屋の前で待っていたのがAERAクルーだったのです。

 そこで、私たち武満の雑誌の撮影と勘違いしたバーンスタインからOKが出て、写真を撮らせてもらえたのがAERAの表紙に載りました。

 チャッカリしてますが、間抜けでもあり、憎めないところのあった創刊間もないAERA

 当時の初心に帰って、もう少しまともなスタッフが気を入れて、学術会議の問題などにがっぷりよつで取り組めるメディアに戻ってもらいたいものです。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  部数激減の朝日新聞が生き残る唯一の道

[関連記事]

「芸能人の自殺が増えた」本当の理由

この秋、日本でコロナ患者が急増する危険性

東京大学正門(撮影:川嶋諭)