2020年8月26日に、京都市の大宮交通公園から大阪府交野市のハピネスパーク交野霊園へ譲受された京都市電(N電)の改修工事が始まります。京都市電が走行していた、明治時代当時の姿を再現しつつ、車いすユーザー・高齢者・子どもにも安心して利用してもらえる電車型法要施設を創っていきます。
京都市電(N電)が法要施設として生まれ変わることとなった背景
株式会社西鶴(本社:大阪府交野市、代表取締役山本一郎URLhttps://e-saikaku.co.jp/)は、2020年8月に京都市より京都市電(N電)を譲受されました。現在、この京都市電をハピネスパーク交野霊園の法要施設に改修する工事を行っています。

改修内容

外装
車体の外装は塗り直し、雨風に備えた防水塗装を行います。

完成イメージです。

足場にはステップを設置し、車いすユーザーや高齢者の方、小さな子どもさんも安心して利用できるようにします。ステップに加え、車内入り口部分の段差を無くし、フラットな造りにします。

内装
座席のシート・床は老朽化が深刻であるため、修繕作業を行います。
壁の上部には広告をはめ込む額が残っているため、電車が走行していた時代の車内広告を再現します。

法要の予約が入っていない日や時間帯には、霊園見学のお客様との商談室としても利用する予定です。その際には、車内販売などで用いられるワゴンを模した机を使用する予定です。

レール
車体の足元には、電車の搬入に先んじてレールを設置しました。また、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』をイメージし、空からやってきた京都市電がお客様を乗せて、再び空へ旅立っていくようなデザインを付け足しました。
空から来たイメージのレール
レール装飾作業

その他
電車の近くには、明治時代当時の表記方法に則った駅看板を設置します。

また、京都市電(N電)と同じ年数を経た、樹齢100年のオリーブを植樹します。

京都市より譲受された京都市電(N電)について
京都市電(N電)は、明治45年の製造から昭和36年まで北野-京都駅前を走っていた、日本で初の電車です。廃車となった後は大覚寺、大宮交通公園にて保管されていました。大宮交通公園の再整備に伴い、弊社が譲り受けることとなりました。

詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000063097.html

2020年8月26日、大宮交通公園からハピネスパーク交野霊園へ運搬作業が行われました。

その様子はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000063097.html

地元の情報サイトに掲載されました:枚方つーしん
http://www.hira2.jp/topic/happinesspark-20200922.html

会社概要

〈会社名〉株式会社 西鶴
〈所在地〉〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
〈事業内容〉霊園開発・墓石販売
〈公式HP〉https://e-saikaku.co.jp/
〈公式twiter〉https://twitter.com/happinesspark16
〈公式Instagramhttps://www.instagram.com/saikaku160/

配信元企業:株式会社 西鶴

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ