ビール発泡酒に続き、すっかりお馴染みとなった「第三のビール」。麦芽以外の原料を使って作られるために税率が低く、低価格で楽しめるビール風味のお酒です。

今野さん
4社の5種類を飲み比べました
 酒税法改正により10月から値上がりしたことでも話題ですが、気軽に飲めて、お酒好きにとっては心強い味方ですよね。

 ところで、コンビニスーパープライベートブランド(PB)でも第三のビールが発売されているのはご存知でしょうか。「安い分、クオリティはどうなんだろう……?」なんて思っていたのですが、これがなかなか侮れません。よりお財布に優しく、かつ、国内の大手メーカーが作っていて、しっかり美味しいんです。

 というわけで、今回はPB商品の第三のビールを飲み比べてみました。個人的な感想を含むレビューになりますが、この記事がきっかけでお気に入りの一杯が見つかると嬉しいです(※価格はすべて税制改正後)。

セブンイレブン:ザ・ブリュー

ザ・ブリュー

 セブン&アイグループサントリーの共同開発で作られた「ザ・ブリュー」。価格は税込136円で、アルコール度数5%。厳選麦芽に、100%天然水仕込み使用と、こだわって作られています。

今野さん

 麦芽由来の旨味があり、しっかりと飲み応えもありつつ、喉越しはすっきりと爽やか。程よい苦味が心地よく、今回いただいたラインナップのなかでは一番「ビール感」を強く感じましたセブンイレブンの人気おつまみレンジで焼き餃子」と合わせて飲みたいな。

ローソン:ゴールドマスター

ゴールドマスター

 2020年春にデザインを一新したことでも話題のローソンのPB「ローソンセレクト」の商品。シンプルデザインがとても可愛らしく、女性人気が高そう。価格は税込136円で、アルコールは6%。キリンビールが製造しています。

今野さん

 印象的だったのはグラスに注いだ時の泡立ちと泡持ちのよさ。味わいはとてもサッパリ。苦味は少なく、ライトで飲みやすく感じました。飲み終わった後に口に残る独特な酸味(?)が少し気になったかな……?

 「ビール」を想像するとやはり、物足りなさを感じますが、この値段でこの味わいは嬉しい。

ファミリーマート:クリアモルト

今野さん

 パッケージにも堂々と「国内醸造」の文字が書かれていますが、こちらも製造は同じくキリンビールで価格は税込136円でアルコール6%。

今野さん

 これまた泡立ちが良い……! ホップの華やかな香りと程よい苦味、後味は爽やかでゴクゴク行きたくなるクリアな味わい。この飲み心地、炎天下で飲みたいな~。来年の夏、お世話になろう。良い意味で個性的ではなく、クセのなさから、幅広くお料理にも合わせやすそうだな、と思いました。焼き鳥とか、味が濃いものと合わせて楽しみたいお酒です

トップバリュ:バーリアル

バーリアル

 ラストは、イオングループのPB「トップバリュ」の商品、「バーリアル」。こちらはイオングループであるミニストップまいばすけっとでも買うことができます。製造はキリンビールアルコール5%。

今野さん

 なんと、価格は350mlで税込97円……! ただでさえ優しい価格帯の「第三のビール」ですが、その中でもダントツのお安さです。でも、この安すぎるが故に味が不安……なんて思いながら一口飲んでびっくり。しっかり美味しい。苦味は控えめ、口当たりが良くて飲みやすい

トップバリュ:バーリアル リッチテイスト

バーリアル

 価格はバーリアルと変わらず税込97円、でもリッチに。アルコールは少し高めの6%。早速いただきます。

今野さん

 先ほどのノーマルバージョンに比べて、より味わいが豊か。苦味やコクもしっかりあり、贅沢な飲み心地でしたバーリアル、凄いなぁ。価格も込みで考えると個人的にはこれ、推しです。

今野さん

 飲み比べレポート、いかがだったでしょうか。味の違いを探るべく、ちびちび飲み比べながら感想を書かせていただいたのですが……、正直、実際に買って帰ってゴクゴク飲むとしたら間違いなくどの商品でも充分すぎるなぁ、なんて思ったり。

 コロナウィルスの影響もあり、以前より「宅飲みの機会が増えた」なんて方もきっと多いのではないでしょうか。価格も味も魅力的。PB「第三のビール」、お酒好きにとっての心強い味方であること間違いなしですよ。

TEXT/今野亜美>

【今野亜美】

2014年アイドルグループ「清 竜人25」のメンバー『清 亜美』として活動開始。2017年6月をもってグループは解散。同年6月19日、“今野亜美(いまのあみ)”としてソロ活動を開始。居酒屋巡りが好きで、コラム執筆やイベント出演など、お酒関係の仕事をメインに活動中

4社の5種類を飲み比べました