9月21日に行われた最終決戦の第9局は、第8局終了後からすでに始まっていたといえる。第8局終了後に振り駒が行われたためだ。と金が5枚で、豊島将之竜王の先手に決まっている。後手番となった永瀬拓矢叡王は、持ち時間を6時間に指定した。

 タイトル戦の最終局の振り駒は、通常なら対局当日に行われる。そのため、対局者は先後両方の用意をしなければならない。今回のケースは対局者にとって事前準備がしやすい。他棋戦の対局や仕事をこなしつつ、本局にぶつける作戦を練りに練ってくるはずだ。それが何かは対局が始まったときに明らかになる。(全2回の1回目。後編を読む)

◆ ◆ ◆

9本あるバナナを皿に盛り付ける

 本局の2日前に、第33期竜王戦挑戦者決定三番勝負第3局で羽生善治九段が丸山忠久九段を破って豊島への挑戦権を得た。その竜王戦が行われているさなか、叡王戦の運営スタッフは将棋会館に集まって、設営準備を進めていた。運営側による表には見えない長丁場の戦いも大詰めだった。最終局の本局は報道陣用の控室も用意されていた。

 将棋会館でのタイトル戦では、前日に対局室や盤駒の具合を確認する「検分」がない。対局日当日の午前9時ごろ、対局者は手荷物検査をして電子機器を預けた。

 控室ではスタッフが永瀬用にバナナを皿に盛りつけているが、9本もあるので苦戦している。立会人の木村一基九段が「食欲がわくように並べないとね」と笑った。なお、本局の永瀬はバナナに手をつけることはなかった。代わりに、缶コーヒーをよく飲み、夜には栄養ドリンクを口にしていた。

 第8局と第9局の間に生茶の「ほうじ煎茶」が発売され、対局者に用意された。茶系のラベルが秋をイメージさせる。9時47分、豊島が先に特別対局室に入った。普段と同じ表情で下座に着くと、ほうじ茶のペットボトルをしげしげと見つめてコップについだ。その間に永瀬も入室。最終局とあってか、永瀬はいつもよりも緊張気味に見えた。タイトル戦登場は今回で5回目だが、フルセットはすでに3回目となる。過去2回は敗れているが、壁を越えられるか。

史上2回目となった「十番勝負」

 今回の七番勝負は持将棋2局、千日手1局を含んだ「十番勝負」になった。七番勝負で対局を10局行うのは、1982年の第40期名人戦以来のこと。加藤一二三十段が中原誠名人に挑み(肩書はいずれも当時)、悲願の名人獲得を果たしたシリーズだ。この名人戦は10局すべて矢倉。「矢倉を制するものが棋界を制する」という価値観が強かった時代だった。特にタイトル戦で初めて「飛車先不突き矢倉」が指され、戦術面でも大きな意義があった。

 ただし、番勝負での独立した1局に数えるのは持将棋のみなので、持将棋1局、千日手2局だった第40期名人戦で行われたのは「第8局」まで。「第9局」の開催は史上初となる。

前局は永瀬にとって2番目に早い短手数の敗局だった

 今回の叡王戦の「十番勝負」は、持ち時間の変動制の中で二人が多彩な戦法で叡智あふれる戦いを繰り広げた。一つの戦法で意地を張った名人戦とは異なるが、今回の叡王戦は相居飛車戦の定跡に刺激を与えるタイトル戦となった。本局に関しては、千日手は即日指し直し、持将棋でも即日に第10局を指すことが決まっていた。

 定刻午前10時に始まった対局は、豊島の角換わりを永瀬が受けて立つ出だしとなった。豊島が得意にしているのは角換わりからの腰掛け銀だが、先手が速攻を狙うかどうかの駆け引きがある。第8局では豊島の跳び蹴りが決まり、永瀬は粘れずに敗れた。75手は永瀬にとって2番目に早い短手数の敗局だ(1位は昨年6月の王将戦対梶浦宏孝四段戦の73手)。同じ轍を踏むわけにはいかない。永瀬は駒組みの手順を変えて、第8局の展開を避けた。直近の順位戦千田翔太七段戦でも同じ指し方で進めていた。

後手を威嚇して少しでも条件のいい進行を引き出す

 しかし、先手からの速攻策は一つだけではない。豊島は第8局とは違う形で仕掛けを狙った。最近注目されている手法で、さっそく取り入れた。豊島が速攻を狙うのは珍しいが、角換わり腰掛け銀は後手の対策も進んできた。今年に入って、先手側の勝率も落ちてきている。そこで、後手を威嚇して少しでも条件のいい進行を引き出そうとしているのだ。

 永瀬にとって作戦の岐路を迎えた。攻めを強く迎え撃つか、警戒するか、次の手で序盤の進行が変わってくる。第8局終了後に持ち時間を6時間に指定した永瀬は、序盤から時間を使っていく。その考慮中に、係が昼食の注文を取りに対局室に入ってきた。永瀬は豊島がメニューを選んでいるときに着手した。仕掛けを防いで手堅いが、少し妥協した選択。それを指すところを豊島に見せたくなかったのかもしれない。

 ニコニコ生放送で解説を務める三浦弘行九段は、「先手の条件が得している」と話す。仕掛けを警戒して後手が1手損したので、基本の定跡ならうまくいく指し方ができなくなったためだ。永瀬も承知のうえで指しているおり、基本定跡とは攻め方を変えて仕掛けた。そうして局面が中盤戦に移ったところで昼食休憩に入った。昼食の注文は豊島がチキン山椒焼き弁当、永瀬が肉豆腐(キムチ)弁当。いずれも将棋会館近くの「鳩やぐら」からの注文だった。世間は4連休の初日でも営業しているのはありがたい。

タイトルの防衛率の低さ

 14/43。この数字は、初タイトルを獲得した棋士の翌期の防衛率である。これまで43人中14人しか防衛できていない。ここ5年を見ると、初タイトル獲得者は佐藤天彦九段、菅井竜也八段、中村太地七段、高見泰地七段、豊島、斎藤慎太郎八段、永瀬、木村九段、藤井聡太二冠と9人もいる。だが、翌年にタイトルを防衛できたのは、いまのところ佐藤天彦九段の名人のみ。2018年には八大タイトルを8人で分け合う状況が生じたものの、タイトルホルダーが変わり続けている。今年でいえば、叡王戦が長期戦になったことで、8月に王位戦が先に決着したが、木村一基王位は藤井聡太棋聖に敗れた。

 挑戦側は勢いがある状態で番勝負を迎えられても、防衛側は必ずしもそうではない。不調でも防衛戦は必ずやってくる。助走が足りない状態で幅跳びをしないといけないこともあるのだ。また、前年に有効だった戦術がずっとうまくいくとは限らない。近年は将棋ソフトの影響もあり、流行のサイクルが早くなっている。

 永瀬は棋聖戦王位戦で挑戦者決定戦に進出。四冠王を狙うこともできたが、藤井二冠に連敗したのは痛かった。それでも、7割を超える高い勝率を挙げている。豊島は2018年に初タイトルの棋聖を獲得。それ以降は、挑戦したタイトルをすべて奪取しているが、防衛戦は負けており課題となっている。

面下で激しいせめぎ合いが始まっていた

 昼食休憩後の永瀬の一手に豊島は大長考に入った。時間がピタッと止まったかのように局面が進まない。通常よりも手得した条件の良さを具体化させたいし、永瀬はそれを阻もうとしている。水面下で激しいせめぎ合いが始まっていた。

 午後3時、対局者におやつプリンが出されると、永瀬はすぐに手をつけた。豊島はまだ考えている。午後3時30分過ぎ、2時間以上考えて最強の手段に出た。腰掛け銀が立ち上がり、相手の腰掛け銀に頭突きをする反撃。以前、「ぎりぎりの局面に踏み込まないと勝てないと思って指している」と豊島が述べていたのを思い出す。大きな決断を下し、ようやくプリンに手をつけた。

写真=君島俊介

(君島 俊介)

永瀬拓矢叡王(右)に豊島将之竜王(左)が挑戦している