シンガーソングライター・女優として活動している百山月花(ももやま つきか)が、10月16日(金)より上演される舞台「RAVE☆塾 vol.1 Peace of Clan~七星のシンフォニア~Aチーム」に出演する。コロナ禍によって公演が6月から10月に延期される形になったが、役に懸ける意気込みは変わらずに、日々稽古場で熱い芝居を追求しているという。今回、作品への思いから役作りの苦労まで、話を聞いた。

【写真を見る】「新しい百山像が見られます」と呼び掛ける百山月花

――出演おめでとうございます。今回の出演のきっかけは?

ありがとうございますプロデューサーの古屋太朗さんから直接オファーを頂きました。ちょうど、古屋さんが本作のキャストを探している時に、「面白い子がいるよ」と、私のことを紹介されたそうで、信頼しているスタッフさんからの提案だったことから、面接なしでいきなりオファーを頂いたんです。うれしかったです。

――配役は?

キャストを見てから決めるというスタイルだったようで、顔合わせや本読みの時点では決まっていませんでした。何回か役をシャッフルして結果的に、バスケットボール部 部長・西岡実沙役を頂きました。

――今回、キャストとしてだけでなく、楽曲の提供も行っているそうですね?

はいっ!脚本からイメージした曲(新曲含む)をいくつかお渡ししたら、使っていただけることになりました。どのシーンで使われるかは、劇場でのお楽しみに!

■ 舞台は私立天聖女子学園

――では、役どころとストーリーについて教えてください。

由緒正しきお嬢様学校・私立天聖女子学園を舞台にした学園もので、キャストは全員女子高校生役となります。ある日、文武両道の転校生がやってくることで、学園内に騒動が巻き起こってしまう…という展開です。

少子化によってどの部活も部員が足りないので、なんとか彼女を勧誘して部を強化したいと狙っているんです。

――西岡実沙の印象と役作りは?

普通、役には喜怒哀楽があるんですけど、ずっと怒ってる子なんです。もう、喜怒哀楽じゃなくて、怒怒怒怒っていう雰囲気で!

でも、実際に演じてみると、怒るのって簡単なようでいて、結構難しいと思ったし、稽古を重ねるたびに、ますますその思いが強くなりました。

お芝居では、ただ大きな声を出して怒っている人だと思われたくなかったので、ちょっと小ばかにするような雰囲気で話すとか、悔しい怒りなど、怒怒怒怒の中にもグラデーションを付けるようにしています。もうそのすみ分けすみわけが大変で!

――舞台の見どころは?

やはり、転校生をきっかけに巻き起こった学園内の騒動が、どのように決着するのか?という部分には注目してほしいです。

人間関係もいろいろと変化していくので、それぞれの部活のメンバーの心の動きもお見逃しなく。全員に見どころがあるので推し変注意です。

実沙に関して言えば、部員獲得のためにガンガン突っ走る実沙と、他の部員たちとの関係がどうなるのかが見どころですね。

実沙の真意は部員たちに伝わるのか?果たして全員和解できるのか?もう、これ以上はネタバレになっちゃうので言えません(笑)。とにかく新しい百山像が見られますので、ぜひ会場に来てほしいです。(ザテレビジョン

女優であり、シンガーソングライターでもある百山月花がインタビューに応じた