宮崎駿監督が自らジブリ美術館カフェリニューアルメニューを試食する動画が10月14日YouTubeで公開。監督がほくほく顔でクリームソーダを楽しむレアな映像が「お元気そうで何よりすぎる」「尊い」とTwitterでじわじわ話題になっています。動いてしゃべる監督だぁ……!

【画像】宮崎駿監督の「ごちそうさま」にカフェスタッフも恐縮

 COVID-19新型コロナウイルス感染症)感染拡大防止のため営業自粛期間明けとなった9月から、館内のカフェ「麦わらぼうし」は「より多くのお客さまに展示の一部として利用してもらえるように」とコロナ禍の生活に則したセルフサービスを軸とした形態にリニューアル。同時にメニューリニューアルし、プロモーションの一環として一足先に試す宮崎監督や、鈴木敏夫プロデューサーの動画が公開されました。

 動画に収められているのは、列に並び、カウンターで注文し、番号で呼ばれてフードを受け取り「おいしいよ」とスタッフに感想を語る宮崎監督の貴重な姿。アカデミー賞を受賞し数々の名作を送り出してきた日本の宝が、最初は遠慮しながらも誘惑に勝てず、ほくほく顔でデザート代わりのクリームソーダを堪能し「満足しすぎました」とはにかむ姿に、ふしぎな感動を禁じ得ません。おいしそう。

 「マスク姿の宮崎駿鈴木敏夫、宮崎吾郎がジブリ美術館カフェメニューを試食するヤバい動画が出た」と監督の映像を久しぶりに見たファンは動揺しながらも「お元気そうで何よりです」「なんか宮崎駿が動いてる様子見られるだけで安心する」「これは珍しい画だ…」と感動をツイート。食事を楽しむ生命力あふれる姿に「なぜか泣きそうになった」と感じ入り、すっかりくせになって「クリームソーダ飲んでる宮崎駿氏をリピートして見てる」「可愛いおじいちゃんが居る」など動画を堪能しまくるファンも見られました。

クリームソーダで幼児性をくすぐられてしまう監督(画像はYouTubeから)