柔道3段、「温厚」との評判もある先生が生徒に激高した理由は、「勝手にアイスを食べたから」だった。まだ体もできていない中学1年生の男子生徒2人は延々30分間、黒帯の柔道家に絞め落とされ、失神してはビンタで起こされ、骨が折れるまで寝技をかけられ続けた。

 にわかに信じがたいこの話は10月12日兵庫県宝塚市立長尾中学校の数学教諭、上野宝博容疑者(50)が宝塚警察署に逮捕されて発覚した。顧問を務める柔道部の男子部員2人に投げ技をかけて両頬を殴り、さらに寝技をかけ続けた末の傷害容疑。1人は首に軽い打ち身で済んだが、もう1人は背骨を折る全治3カ月の重傷だった。

「今さら許さへん」と怒鳴り、生徒が気絶しても投げ続けた

 事件は9月25日午後4時半頃、柔道部が活動する道場で起きた。宝塚警察署の幹部が説明する。

「その数日前、冷蔵庫の中にあったOBからの差し入れのアイスキャンディーが数本なくなっていたことが発覚した。上野容疑者らは部員らに『誰が食べたんや』と聞いて回ったが、だれも名乗り出なかった。その後、問いただされた2人の生徒が認めたんだが、それで上野容疑者の怒りが爆発したらしい」

 この日、集まった部員らの前に2人を呼び出した上野容疑者は、「嫌だ」と叫ぶ生徒に「練習技」と称して30分間、柔道技を振るい続けた。生徒は何度も「ごめんなさい」と謝ったが、「今ごろ言うても遅い」「今さら許さへん」と怒鳴り、生徒が気絶しても投げ続けた。

「背骨が折れるまでやっといて、指導なんていうレベルやない」

「部員といっても2人とも1年生で、1人はまだ仮入部でした。柔道は受け身も十分に取れない全くの初心者。それを『練習』『指導』と言って、ひたすら絞め続けたのです。2人の生徒は今も学校に通えない日があるそうですが、子供たちの覚えた恐怖がどれほどだったかを考えると言葉もありません」(学校関係者)

 一方の上野容疑者は、逮捕前の学校の聴き取りに「指導のつもりだったが感情的になり、体罰になってしまった」と説明。警察の取り調べには「寝技はかけたが、殴っていない。(生徒が失神したので)意識を戻させるために、ビンタしただけ」と供述しているという。

 兵庫県警幹部が呆れる。

「殴ったかどうかなんてどうでもええ。背骨が折れるまでやっといて、指導なんていうレベルやない。武道をたしなむ大人が初心者の子供に技をかけ続けること自体が暴力や。けがで済んだが、次は殺してしまってもおかしくない。生徒から被害届が出たのは10月10日と11日。すぐに逮捕したんは、それくらいの危険性があると判断したからや」

頭突きで生徒を骨折させて減給処分になったことも

 驚くのは体罰の中身ばかりではない。逮捕を受けて宝塚市教育委員会が開いた記者会見では、上野容疑者が体罰常習者だった過去や、学校側の不手際が次々と明らかになったのだ。

「上野容疑者は過去にも体罰を振るって3回懲戒処分をされていました。前任地の別の中学校2013年、柔道部員をビンタしたり胸をつかんだり、重いときは頭突きで生徒を骨折させて減給処分まで受けています」(市教委担当者)

 にもかかわらず、上野容疑者は4年前に今の中学校に赴任すると同時に、再び柔道部顧問に着任。市教委幹部は「時間も経ち、上野容疑者も研修を受けていたので大丈夫と考えた」と話したが、彼が受けたアンガーマネジメント(怒りの抑制)研修は、何の役にも立っていなかった。

同僚教師も恐れる処分歴3回の“体罰常習者”だった

 周囲の同僚も及び腰だった。「今回、上野容疑者が2人の生徒に執拗に暴力を振るい続けている間、横には副顧問の男性教諭がいました。一部始終を見ていましたが『激高した上野先生が怖すぎて何も言えず、止められなかった』と言っています。情けない話です」(市教委関係者)

 学校の対応も遅れた。体罰があった9月25日、「子供の様子がおかしい」という保護者からの指摘を受けて事態を把握したものの、市教委には「行きすぎた指導があった」と報告。3日後に「体罰だった」と改めたが、被害生徒や保護者に謝罪をしたのは1週間後の10月2日だった。

「優しい先生という印象だが、キレると豹変するタイプ

「指導する必要があると思ったのだろう。正義感が強い人だが、間違った形で出てしまった」。逮捕を受けた会見でも、市教委幹部はこのように「指導の延長」という見方を残し続けた。

 一方の生徒らは上野容疑者の「異様さ」を感じ取っていた。

「私たちには普通の態度だし、優しい先生という印象もあった。だけど、柔道部の子はみんな怖がっていたので部活では違うんだな、と。部員から『上野先生にしばかれた』と聞いたこともあって、キレると豹変するタイプだと思っていた」(現役の女子生徒)

「今回はたくさんの生徒たちが見ていたから事実が分かったが、当事者しかいなかったら隠されていたかもしれない」と不信感を語る保護者もいる。

 何もわかっていなかったのは、教える側の「先生」たちだけだったようだ。

(稲本 千晴/Webオリジナル(特集班))

記者会見で謝罪する宝塚市の森恵実子教育長(左)と田中誠長尾中学校校長 ©共同通信社