人気YouTuberグループ「Fischer’s-フィッシャーズ-」のメンバーぺけたんがファンの女性たちとのゲス関係を報じられて、本人の活動休止を発表していた問題で、12日の公式YouTubeチャンネルに「今回のぺけたんの騒動について。」とのタイトル謝罪動画アップぺけたんは「歌い手、こめてっととしての活動のファンの方との不適切な関係を持ちました。そして関係を持ったことをフィッシャーメンバーに隠していました。関係を持った方々の気持ちを傷つけたこと、全てのファンの皆様を裏切ってしまったことを心からおわびいたします。申し訳ありませんでした」と頭を下げた。でも、残念ながら世間からの反応は厳しい。

「謝罪の最中もカメラの向こう側を見るような仕草があったことから、ネット上では『カンペ読んでんじゃねーよ』と決めつけたような批判もありましたし、騒動について詳しい説明もないことから『謝罪になってない』『これも視聴稼ぎですか?』とボロクソでしたね。また今回の騒動で初めてフィッシャーズを知った層からは、ぺけたんが一部のファンからイケメン扱いされていたことについて、『えっ?これのどこがイケメン?』『そのへんの大学生と同じじゃん』『引っかかったファンの目がおかしい』と、自慢のルックスにまで大ブーイング。踏んだり蹴ったりとなっています。報道で一部正しくないことがあるとも主張していましたが、その具体的説明はないですし、逆に言えばほとんどの部分は事実ということでしょう」(女性誌ライター

 仲間と遊んでいる動画がウケてお金持ちになり、そしたらそのへんの兄ちゃんたちが急に芸能人扱いされた挙げ句に謝罪動画…そんな印象しかない今回のフィッシャーズ騒動。でも、YouTuberたちも市民権を得てきた今、大手メディアかっこうのネタになりつつある。私生活を正さないと、第2、第3のぺけたんはすぐにでも現れそう?

(塚田ちひろ

アサジョ