『敵の顔―憎悪と戦争の心理学』(柏書房) 著者:サム・キーン


醜悪な図版に潜む戦争心理

本書の帯に「古今東西の《敵の顔》に隠されたレトリックを読み解くことからはじまる、無類のヴィジュアルサイコロジー」とあるように、著者が蒐集(しゅうしゅう)した多数の図版が入っている。読者には、それらの図版を素直に眺めるところから入っていただくのがよい。じつはこうした図版の一部がロンドンの戦争博物館で売られていて、ある奇妙な感動に揺すられたので拙著「黒船の世紀」の挿絵に使ってみたことがある。

「敵の顔」は不可思議なものばかりである。日本人が猿や獰猛なゴリラの姿になり、またメガネと出っ歯の戯画にされるのは人種偏見のせいかと思っていたが、どうもそればかりではないようだ。ナチス・ドイツ旧ソ連共産主義者に対しても、アメリカ人は「敵の顔」をこのうえもなく憎々しげでグロテスクに描いた。逆にドイツイタリアアメリカを、あるいはロシアイスラエルを、アメリカがヴェトナムを、中国がアメリカを、それぞれ描いていたのであって、国情やイデオロギーが異なっても「敵の顔」は万国共通の特徴をもつ。

「唇はへの字に曲がり、眼は狂ったように遠くを見据えている。肉は歪み、化け物か獣の姿をなしている」のである。それが単なるプロパガンダを超え、人類がつくった究極の芸術表現へ向かうのであれば、「敵意のイマジネーション」の発生源を探究せずにはおれない。著者は戦争の本質を、武器や作戦の世界に限定せずに人間の心理の奥底に見つけようとする。

著者の考察は必ずしも平易とはいえないが、図版に対応する豊富なレトリックは味わい深いから楽しめる。なお訳者あとがきで、日本人が描く「敵の顔」が見当たらないのは変ではないか、と指摘している点はたしかに気にかかる。これはどう解釈したらよいのだろう。日本人の起こした戦争に「敵の顔」が不在であったとすれば、その一点だけで充分に新しい日本文化論が展開できそうである。

【書き手】
猪瀬 直樹
1946年長野県生まれ。87年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞、2002年小泉首相より道路公団民営化委員に任命される。東京大学客員教授、東京工業大学特任教授など歴任。2007年東京都副知事に、12年から13年、東京都知事。現在、大阪府市特別顧問。2015年より一般財団法人・日本文明研究所所長。主著に『ペルソナ 三島由紀夫伝』『ピカレスク 太宰治伝』(文春文庫)『昭和16年夏の敗戦』『天皇の影法師』(中公文庫)『猪瀬直樹著作集 日本の近代』(12巻・小学館)。近著に『救出 3・11気仙沼に取り残された446人』(河出書房新社)『民警』(扶桑社)、『東京の敵』(角川新書)、三浦瑠麗との共著『国民国家のリアリズム』(角川新書)。磯田道史との共著『明治維新で変わらなかった日本の核心』(PHP新書)。

【初出メディア
読売新聞 1994.11.28

【書誌情報】

敵の顔―憎悪と戦争の心理学

著者:サム・キーン
翻訳:佐藤 八寿子,佐藤 卓己
出版社:柏書房
装丁:単行本(221ページ)
発売日:1994-11-01
ISBN-10:4760111190
ISBN-13:978-4760111190
敵の顔―憎悪と戦争の心理学 / サム・キーン
戦争の本質を、武器や作戦の世界に限定せずに人間の心理の奥底に見つける