9月末~10月上旬にかけて発表され、話題になったアニメ関連のニュースファンの声とともにおさらい。有名脚本家による初のテレビアニメ制作決定やスタジオジブリ関連の絵本の発売など、人気アニメの新情報を中心にご紹介!

【写真を見る】「高校教師」や「家なき子」などで知られる脚本家、野島伸司が初のアニメーションに挑戦した「ワンダーエッグ・プライオリティ」

脚本家野島伸司による初のオリジナルアニメーション「ワンダーエッグ・プライオリティ」の制作が決定

「高校教師」や「家なき子」、「高嶺の花」ほか数多くの話題のテレビドラマを手がけてきた脚本家野島伸司が初めてアニメ作品の原案・脚本を務めるオリジナルアニメーション「ワンダーエッグ・プライオリティ」の制作が決定。あわせて、ティザービジュアルやPVなどが解禁された。

2021年1月より日本テレビほかでの放送が予定されている本作。「22/7 あの日の彼女たち」キャラクターPV、「僕はロボットごしの君に恋をする」アニメーションPVなどに携わってきた気鋭の演出家、若林信が監督を務め、『空の青さを知る人よ』(19)や「約束のネバーランド」などのCloverWorksアニメーション制作を手がける。

今後のさらなる続報が待たれる本作より、野島と若林監督からのコメントが到着。「いつからかドラマにも“コンプライアンス”が侵食して、僕のような物書きは翼をもがれた感覚で、より自由度の高い場所を模索していました。今回、アニメの世界を描く場をいただき、本当に久しぶりに楽しかったです。アニメゲームは日本が世界に誇れるエンターテインメントであり、リテラシーの高いアニメファンと向き合えることをうれしく思います」と、生きいきとした言葉で意気込む野島。

その熱い気持ちに応えるように、若林監督も「登場人物が自分に似てしまうことがあります。人物を理解しようとする過程で、自分だったらと考え始め、結果として動かしやすいように矯正してしまうのです。なので、今回は『自分だったら?』をやめてみました。野島さんから託された脚本の魅力を余すことなく伝えられるように最後まで頑張ります」と語っている。

アニメコンセプトにした「EJアニメホテル」がところざわサクラタウンに開業

埼玉県所沢市の「ところざわサクラタウン」にて、アニメテーマにしたコンセプトホテル「EJアニメホテル」が10月1日より開業した。イベントスペースショップレストランミュージアムなどを展開する同複合施設の新展開となるこのホテルは、11月6日(金)に予定しているグランドオープンに先行して宿泊客を迎える形となった。

EJアニメホテルの“EJ”とは「Entertainment Japan」の意で、「好きな物語に、泊まる。」をコンセプトに、アニメをはじめゲームコミック、映画、特撮、アイドルなど、あらゆるコンテンツの世界観を演出する体験型ホテルだ。室内装飾やオリジナルグッズはもちろん、映像、音響、ライティングを駆使することで、「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」や「宇崎ちゃんは遊びたい!」、「この素晴らしい世界に祝福を!」、「とある科学の超電磁砲T」といった人気作品とのコラボを実現している。

9月30日ホテルのロビーで行われた「EJアニメホテル 開業前日セレモニー」には、ホテルエレベーターアナウンスを担当した声優の梶裕貴ゲストとして登壇。「このような楽しいコンセプトホテルが誕生し、またアナウンスとしてかかわれたことを、いちアニメファンとしてうれしく思います。お泊りになる皆さんに、EJアニメホテルで良い思い出を作ってほしいです」とコメントしている。

ジブリキャラクターの生活を紹介する絵本「スタジオジブリのいろんなくらし」が発売

スタジオジブリ主人公たちの“暮らし”を、様々な角度から紹介する絵本「スタジオジブリのいろんなくらし」が登場。10月9日より全国順次発売となっている。

風の谷のナウシカ』(84)のページでは風の谷で暮らす人々が腐海の毒や蟲から身を守るためにしている工夫を説明し、『ハウルの動く城』(04)でも掃除や料理に奔走するソフィーの魔法の城での生活を切り取るなど、映画の登場人物たちがどのようなところに住み、どんな暮らしをしているのかを場面写真を使って詳しく説明していく内容となっている。このほか、『となりのトトロ』(88)や『魔女の宅急便』(89)、『かぐや姫の物語(13)など13作品を網羅しており、読んでいるうちに映画も見直したくなってしまう。

このニュースを受けてファンからは、「ずいぶん楽しそうな本だぞ」や「これは物語の“その後”とかを想像するのが好きな人にはたまらないやつ!」、「ハウルの家めちゃくちゃ気になる」といった興味津々な様子がうかがえるメッセージSNSに寄せられている。

■「ミッキーマウス展」の展示内容が明らかに!

10月30日(金)~2021年1月11日(祝・月)にかけて、森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)で開催される「ミッキーマウス展 THE TRUE ORIGINAL & BEYOND」。本展より、ニューヨークからの日本初上陸作品、日本オリジナル企画の内容が明らかになった。

ミッキーマウススクリーンデビュー90周年を記念して、2018~19年にニューヨークで実施された「MICKEY: THE TRUE ORIGINAL」の作品の展示が中心となる本展。時代に合わせて変化し続けるミッキーマウスの進化を「原点=THE ORIGIN」、「現代=THE TRUE ORIGINAL」、「未来=& BEYOND」の3つのゾーンで構成する。ニューヨーク展からは、当地を拠点に活躍するダニエル・アーシャムブライアン・ロエッティンガーら現代アーティストの作品のほか、人気ゲームKINGDOM HEARTSシリーズディレクターである野村哲也氏によるオリジナルスケッチも展示。一方、日本独自の企画として、大島智子、河村康輔、添田奈那、書道家 万美、WAKUら5人の日本人アーティストによる“誰もみたことがない、まったく新しいミッキーマウス”というテーマで描かれた作品も並ぶようだ。

このほか、10月31(土)~11月9日(月)に行われる「第33回東京国際映画祭」のジャパニーズアニメーション部門で、「劇場版ポケットモンスター」特集が組まれることが明らかに。同映画祭には、『魔女見習いをさがして』(11月13日公開)や『ジョゼと虎と魚たち』(12月25日公開)といった新作もラインナップされており、大きな注目を集めた。

文/トライワーク

2021年1月放送予定の「ワンダーエッグ・プライオリティ」/[c]WEP PROJECT