1985年に創立されて以来、数々の名作アニメ映画を生み出している、株式会社スタジオジブリ(以下、ジブリ)。

少年少女の出会いから始まる冒険や、まさに青春といった恋心、壮大なファンタジーなど幅広いジャンルの作品は、世界中の人の心をつかんでいます。

2020年9月18日ジブリは自社作品の画面写真の無料配布を開始し、太っ腹な対応が話題になりました。

作品画像400枚を配布したジブリ 使用条件に「すごすぎる」「そんなのある!?」

ジブリ代表取締役鈴木敏夫さんによると、使用条件は「常識の範囲でご自由にお使いください」とのこと。

この時公開されたのは、『千と千尋の神隠し』『ゲド戦記』『崖の上のポニョ』『借りぐらしのアリエッティ』『コクリコ坂から』『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』『思い出のマーニー』の8作品でした。

スタジオジブリが再び場面写真を300枚無料配布

同年10月16日ジブリウェブサイトで新たな場面写真の配布を開始しました。

今回追加されたのは、『耳をすませば』、『もののけ姫』、『ホーホケキョ となりの山田くん』、『猫の恩返し』、『ギブリーズ episode2』、『ハウルの動く城』の6作品です。

スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI

『耳をすませば』(1995年)

出典:スタジオジブリ

『もののけ姫』(1997年)

出典:スタジオジブリ

『ホーホケキョ となりの山田くん』(1999年)

出典:スタジオジブリ

『猫の恩返し』(2002年)

出典:スタジオジブリ

『ギブリーズ episode2』(2002年・『猫の恩返し』同時上映)

出典:スタジオジブリ

『ハウルの動く城』(2004年)

出典:スタジオジブリ

名作ぞろいのジブリ作品の中でも、特に高い人気を誇る『耳をすませば』や『もののけ姫』や『ハウルの動く城』。

素敵な場面写真の数々を見て、きっと多くの人が作品をもう一度見たくなったのではないでしょうか。

新型コロナウイルス感染症の影響で、『ステイホーム』が呼びかけられている2020年。自宅でゆっくりと映画を観て過ごすのも楽しいかもしれませんね!


[文・構成/grape編集部]

出典
スタジオジブリ
スタジオジブリ