一般社団法人日本野球機構NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、10月17日(土)にプロ野球eスポーツリーグeBASEBALL プロリーグ」2020シーズンの「eドラフト会議 supported by リポビタンD」(以下、eドラフト会議)を開催し、12球団を代表するプロプレイヤー48名が決定したことをお知らせします。

「eドラフト会議」では、全国から約8,600名が参加したプロテストを通過したプレイヤー40名、「GEMSTONE eドラフト会議 最後のひと枠争奪戦」優勝者1名に、昨シーズン日本一リーグ優勝球団の特別枠からプレイヤー6名を加えた計47名の候補者たちの中から、プロ野球12球団が26名を指名。昨シーズンより継続契約となったプレイヤー22名と合わせて、2020シーズンのプロプレイヤー全 48名が決定しました。

今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、初の試みとして、12球団の担当者が控える各拠点とeドラフト候補者47名をオンラインでつないで開催しました。配信の解説には、真中 満氏(eBASEBALL プロリーグ 応援監督)、坪井ミサトさんを迎え、12球団からは山部 太氏(東京ヤクルトスワローズ)、小山田 保裕氏(横浜DeNAベイスターズ)、安仁屋 宗八氏(広島東洋カープ)、岩本 貴裕氏(広島東洋カープ)、上野 大樹氏(千葉ロッテマリーンズ)、小川 博文氏(オリックス・バファローズ)、川岸 強氏(東北楽天ゴールデンイーグルス)、田中 賢介氏(北海道日本ハムファイターズ)など豪華なプロ野球 OB や球団マスコットも参加し、選手の指名を行いました。

プロ野球ドラフト会議でお馴染みの関野さんの指名読み上げで、会場が沸いたのは3巡目。本会議最多となる5球団による重複指名となり、見事、阪神のトラッキーが、脇 直希選手を獲得しました。また、巨人の球団職員である、坂東 秀憲選手が、DeNAと重複指名となり、視聴しているファンをざわつかせましたが、巨人が指名権を獲得。巨人は4巡目に、高川 健選手を獲得し、昨年日本一となったメンバーで、引き続き今シーズンに臨むことになりました。


eBASEBALL プロリーグ」2020シーズンは、いよいよ12月5日(土)には、「eペナントレース」が開幕し、戦いの火蓋が切られます。「eBASEBALL プロリーグ」 2020シーズンについて、詳しくは、公式サイトをご覧ください。

「eドラフト会議」 特設ページ:https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/draft/
eBASEBALL プロリーグ」2020シーズン 公式サイト:https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/


【プロプレイヤーコメント
セントラル・リーグ
阪神タイガース/脇 直希選手】

3巡目でどこかの球団から指名があればうれしいと思っていたのですが、5球団が競合するような評価を球団からして頂けたのはとてもうれしかったです。そのなかでご縁があって阪神タイガースに決まったので、日本一を目指して、開幕戦に向けて全力で準備し、魂を込めてシーズン開幕を迎えられるように頑張りたいと思います。


パシフィック・リーグ
埼玉西武ライオンズ/町田 和隆選手】

全体の1位で指名されてとても光栄に思っています。埼玉西武ライオンズ2018年日本一チームでしたが、昨シーズンは残念ながら最下位になってしまったので、今年は自分の力で王者・ライオンズ日本一にできたらいいなと思います。必ずパ・リーグで優勝して、日本一になって王座を奪回したいと思います。

【12球団担当者のコメント
セントラル・リーグ
東京ヤクルトスワローズ

昨年、リーグ優勝を果たすことができたが、今年は「挑戦」をテーマにeドラフトに臨んだ。
渡部選手、矢吹選手という非常に力を持った2人が戦力に加わり、非常に良かった。

読売ジャイアンツ
昨年と同じ、3年連続のメンバーとなった。チームワークが非常に重要だということを昨年強く感じたので、
同じメンバーを揃えることができて本当に良かった。

中日ドラゴンズ
非常に良い e ドラフトだった。昨年活躍した脇選手が他球団に行くことは非常に残念だが、反面昨年活躍した選手が、複数球団の指名を受けたことは喜ばしいこと。嶋崎選手も一昨年頑張ってくれた選手なので、獲得できて良かった。

横浜DeNAベイスターズ
大成功だった。坂東選手の重複は予想していなかった。辻選手、山本選手が獲れて、年齢もキャリアもバランスが取れている。一昨年、セ・リーグを制覇したチームのように、強くたくましいチームになってくれると思う。

広島東洋カープ
脇選手の競合は予想外。3人目4人目は、結果として良い選手が獲れた。非常に良かったと思う。

阪神タイガース
戦略通り。競合したが、思い通りの結果。継続の2人を含め、優勝を狙える戦力になっている。

パシフィック・リーグ
千葉ロッテマリーンズ

昨年実績のある3名に加えて、千葉に縁のある良い選手を獲得できたと思う。12球団で一番熱いプレイをお願いしたいと選手に伝えた。熱いチームを作って日本一を目指したい。

オリックス・バファローズ
新しく2名を獲得でき、昨シーズンに近い良いeドラフトができたのではないかと思う。
藤本選手には頭脳的なところ、前田選手には2年間の悔しさを爆発させてほしい。
新しいオリックスが出来上がったのではないかと思う。日本一を目指して、チーム一丸となって戦ってほしい。

東北楽天ゴールデンイーグルス
先ほど顔合わせで4名と話したが、非常にバランスがよくて、継続選手の三輪選手を中心とした、良いeドラフトができたと思う。

福岡ソフトバンクホークス
上位にリストアップしていた選手を想定していた方から2人を指名できたので良かった。最初は抽選で外してしまったが、それ以降は非常に良かったと思う。野球も常に1位を目指すということで、「eBASEBALL プロリーグ」でも、今年は1位を狙っていきたい。先程選手にお会いしたが、原選手は年齢からも落ち着いており、大上選手も2年目にかける意気込みを感じられ、良かった。

北海道日本ハムファイターズ
3年前から、北海道プレイヤーを中心にeドラフトをしてきているので、引き続き、同じ戦略で臨んだ。
彼らが思う存分活躍できるように私達も後押しをしていきたい。継続の2選手も、今日指名した2選手も、ファイターズを希望してくれているので、北海道を背負って「eBASEBALL プロリーグ」を盛り上げてくれることを期待している。

埼玉西武ライオンズ
ドキドキしていたのですが、出揃ってみると良い選手がたくさんいるなと思って臨んだ。今回のeドラフトは、正直ほぼ100点。3巡目は外してしまったが、アドバイザーの緒方 寛海さんのアドバイスに沿ってほとんど狙った通りの4名が獲得できた。見ていて楽しいチームにできるようにということで選んだ。

<「eBASEBALL プロリーグ」2020シーズン プロプレイヤーへの道>


<「eBASEBALL プロリーグ」2020シーズン スケジュール


<「eBASEBALL プロリーグ」 について>

eBASEBALL プロリーグ」は、「実況パワフルプロ野球シリーズを使用した、日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメント共催のプロ野球eスポーツリーグです。プロ野球12球団を代表するプロプレイヤー達が、実際のプロ野球同様にセ・リーグパ・リーグに分かれ、日本一の座をかけて争います。
eスポーツを通して新しい野球の楽しみ方を提供することで、野球ファン拡大を目指すことを目的として開催するもので、今季3年目を迎える“もう一つのプロ野球”です。
著作権表記:(C)NPB (C)Konami Digital Entertainment


<競技タイトル 『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』>
累計生産出荷本数50万本を突破!本格的な野球の駆け引きが楽しめることでおなじみの野球ゲーム実況パワフルプロ野球シリーズ。その最新作『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』が、PlayStation(R)4、Nintendo Switch™で発売中!2020年シーズンの選手データを搭載し、シーズン中はもちろん2021年も随時アップデート!「パワフェス」・「LIVEシナリオ」・「栄冠ナインモードNintendo Switch™で初めてプレー可能になった他、PlayStation(R)4の「パワプロ」では初となる、最大4人までの協力プレーで、家族や友人とも楽しむことができます
著作権表記:
TM IOC/TOKYO2020/USOC 36USC220506. (C)2020 IOC. All Rights Reserved.
一般社団法人日本野球機構承認 (C)2019 SAMURAI JAPAN 日本プロ野球名球会公認
日本プロ野球OBクラブ公認 プロ野球フランチャイズ球場公認 データ提供:共同通信デジタル
(C)Konami Digital Entertainment

■公式サイト:https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/
■公式SNSeBASEBALL プロリーグ公式(Twitter:@eBASEBALL_Pro)
(C)Nippon Professional Baseball / (C)Konami Digital Entertainment
Nintendo Switch™は任天堂株式会社の登録商標です。
PlayStation(R)は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。

配信元企業:株式会社コナミデジタルエンタテインメント

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ