ハロウィンで出現した巨大蜘蛛

ハロウィンで出現した巨大蜘蛛 image by:twitter@mikemikemac

 ハロウィンの本場アメリカでは、歴史も伝統も古いことから思い入れもあるようで、コロナ下の中にあっても、家を飾り付けるその熱い思いは揺らぐことはなかったようだ。むしろ自宅待機によりお家時間が増えたことで、いつもよりもゴージャスに仕上がっているのかもしれない。

 ニューヨークイーストオーロラに住むTwitterユーザーは、自宅に巨大な蜘蛛を作り上げ、家の屋根から歩道に張られた蜘蛛の巣を這うように降りてくる仕掛けを作った。

―あわせて読みたい―

もはや報道されるまでが形式美。今年もやらかしてます、アメリカの度肝を抜くホラーなハロウィン装飾でご近所クレーム
いよいよクライマックス。海外のハロウィンデコレーション実例ファイル
ウィズコロナ時代のハロウィン時におけるキャンディーの渡し方
洗車場がお化け屋敷に!期間限定でハロウィン仕様となったドライブスルー洗車場(アメリカ)
3.5メートルの巨大ガイコツがハロウィン用に販売されている件。動くものを追って光る目玉付き(アメリカ)

 Twitterユーザーmike macさんは、電動仕掛けで動く巨大な蜘蛛を作り上げた。その蜘蛛は、関節を動かしながら家の前に設置した蜘蛛の巣をゆっくりと這いながら降りてくる。

 それだけではない。よく見ると蜘蛛の巣にはうご、黒っぽい小さな蜘蛛がいくつもいて、そちらもうごめいているのだ。

 夜になるとライトアップされて、また別の表情を見せる巨大蜘蛛

 巨大蜘蛛のモーター制御する関節アームは隣人が作ってくれたのだそうだ。近所中で盛り上がってていい感じ。

 私もアメリカにいたころは、ハロウィン時期になると車を運転しながら、様々な家のデコレーションを見るのが楽しみだったが、そのマインドはコロナに負けることなく受け継がれているようだ。

 クリスマスのデコレーションもいいけど、ハロウィンの方が個性的で毒があった面白いんだなこれが。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52295635.html
 

こちらもオススメ!

サブカル・アートについての記事―

裏切らない筋肉を持つオーストラリアの消防士が一肌脱いだ。2021年度版消防士カレンダーが販売開始
毛剃りマニアのための、カミソリ付き体毛もっさり人形セット
マコーレー・カルキンの「ホーム・アローン」マスクが笑わせにきている件
3.5メートルの巨大ガイコツがハロウィン用に販売されている件。動くものを追って光る目玉付き(アメリカ)
ハロウィン用のコロナウイルス仮装用マスクがAmazonで販売され物議をかもす(イギリス)

―動画の紹介記事―

またしても猫のヒーロー、犬に押し倒された子供を助けるため、犬に飛び掛かり注意を自分にひきつけた猫
サモエド犬「早く早く!早く開けて!」見つけちゃったオヤツに心が先走る犬
色と柄が激似の犬と猫の合体技が凄かった!積み重なって1つにまとまる
もう一度幸せになっていいのかな?閉ざされていた捨て猫の心を開いたのは、小さな小さな子猫だった
ペンギンが41歳で長寿ギネス記録を達成(デンマーク)
巨大蜘蛛が蜘蛛の巣から降りてくる!アメリカのハロウィンは今年も健在だった