株式会社プラスヴォイス(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:三浦 宏之、以下:当社)は、2020年9月30日より、兵庫県健康福祉部障害福祉局ユニバーサル推進課と公益財団法人兵庫県聴覚障害者協会が運用開始した『遠隔手話サービス等を利用した聴覚障害者の意思疎通支援体制の強化事業』において、当社の遠隔手話通訳派遣システム(以下:本システム)の提供を開始いたしました。
システムの運用により、感染症の流行・災害時等で登録手話通訳者の派遣が困難な場合においても、現行の手話通訳派遣制度のワークフローにそったまま、登録手話通訳者の感染予防・安全を確保した上で、遠隔による手話通訳派遣を実施することが可能となります。また、本システムはプライバシーの保護などセキュアな環境も実現しております。


当社としましては、このシステム兵庫県民の皆様に広くご活用頂き、安心して検査を受診して頂くことを願っております。

【本システムの特長】
・現行の意思疎通支援の手話通訳派遣のワークフローにそった運用が可能
WebRTC技術により、ブラウザを利用したセキュアな通信を実現(アプリダウンロード等不要)
・災害に強い可搬式のブラウザベースシステムにより、場所を選ばず、遠隔手話通訳を行うことができる。
・遠隔手話通訳において使用する端末は、施設に設置する端末ではなく、聴覚障害者が保有するスマートフォン等を利用
・一般社団法人情報通信技術委員会が制定した「遠隔手話通訳サービスシステム仕様書」に準拠

【会社概要】
会社名:株式会社プラスヴォイス
代表者:三浦 宏之
業務内容:ICTを利用した聴覚障害者向け遠隔手話通訳事業、等
所在地:宮城県仙台市青葉区国分町1-8-14 仙台協立第二ビル8F-1

※当社プレスリリースダウンロードはこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d55721-20201020-8376.pdf

配信元企業:株式会社プラスヴォイス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ