中国は公衆トイレや道路などの「公共の場所」は決して清潔とは言えないのが現状だが、自宅など「個人の空間」を清潔に保つための努力は惜しまな中国人は多い。日本は街が清潔に保たれていることは中国でも多くの人に知られていて、「清潔な環境を保つ」という点で日本から学べることは学びたいと考える中国人は多くなっているようだ。

 中国メディアの百家号は16日、「きれい好き」という日本人の国民性がどのような行動に現れているかを伝える記事を掲載し、「日本人の行動を知れば、敬服せざるを得ないはずだ」と論じた。

 記事はまず、中国も経済発展と同時に、「公共の場所を清潔に保つことについて関心が高まっている」と紹介する一方、実際には日本と比べると「清潔度合い」には大きな差があるのが現状だとした。

 続けて、日本人は非常にきれい好きだとし、それは中国人の多くが知るところだが、「実際にどれだけきれい好きかを知れば感心せざるを得ないだろう」と主張、そして具体的な例として、日本人は「お金を払って泊まったホテルであっても、チェックアウトの際にはある程度部屋を整えてから部屋を後にする」と紹介。お金を支払っている以上、サービスを受ける立場にあると言えるが、日本人はそれでも「掃除してからチェックアウトする」と驚きを示した。

 また、公衆トイレであっても、「日本人は別の人が気持ちよく使えるように配慮し、汚さないように気を使う」と紹介。中国の公衆トイレは決して清潔とは言えないのが現状であり、「なぜここまで汚れるのか」と疑問を感じざるを得ないトイレも存在するだけに、中国人からすれば日本のトイレの清潔さは驚き以外の何者でもないようだ。

 中国でも生活環境の向上を目指した取り組みが各都市で行われるようになっている。一方で、他人に配慮できる人はまだまだ少数であり、迷惑をかけるのも、かけられるのもあまり気にしない人が多いのが現状だが、清潔さについては社会全体としての意識が変化していくことを期待したいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

これが日本人なのか! 客の立場なのに「ホテルの退室時に部屋を片付ける」らしい=中国