これだけもらえる優良企業の社員

これだけもらえる優良企業の社員

上場企業の財務諸表から待遇を探る「これだけもらえる優良企業」シリーズ。今回は、「モンスターハンター」でおなじみのミクシィ(東京・渋谷)を取り上げます。

ミクシィ社員の平均年収は661万円

最新データ2020年3月期)によると、ミクシィ社員の平均年間給与は661.1万円。ここ数年は600万円台後半で、期によって変動しています。

2017年3月期:694.7万円 2018年3月期:665.8万円 2019年3月期:670.9万円 2020年3月期:661.1万円

この額には、賞与や基準外賃金(手当など)も含まれています。

企業口コミサイト「キャリコネ」への投稿によると、新卒入社の25歳女性で基本給が38万円、賞与は年76万円で、手当等を含めると年収556万円ということです。

金額自体は高給という印象を与えませんが、後述するように若い会社であることを考慮に入れると、決して低い水準ではありません。

ミクシィは、主力のソーシャルゲームモンスターストライク」の減速で業績を大きく落としていました。

そこで2020年3月期の第1四半期に、競輪・オートレース車券のオンライン投票サイト「チャリロト」を運営するチャリ・ロトを子会社化。第4四半期には、競馬総合情報メディアnetkeiba.com」を運営するネットドリーマーズ子会社化しています。

これらが今期に入って開花し、モンストの広告宣伝費の効率化もあわせて、2021年3月期第1四半期は、売上高が前年同期比41.3%増、営業利益が同370.0%増と急伸長しています。

ミクシィ社員の平均年齢は34.3歳

次に従業員数と平均年齢、平均勤続年数(ともに単体)を見てみましょう。

ミクシィ社員の平均年齢は34.3歳。ざっくり言うと、30半ばで600万円台後半となる人が多いということでしょうか。

2017年3月期:508人(32.9歳・3.3年) 2018年3月期:598人(33.2人・3.4年) 2019年3月期:844人(33.6歳・3.3年) 2020年3月期:881人(34.3歳・3.9年)

社員数が急増しているのは、前述した連結子会社を増やした影響によるものです。

キャリコネの投稿を見ると、25歳男性エンジニアは会社の業務環境について「とてもホワイトで働きやすい」、23歳女性広告担当は「出戻りが多いのも納得の、好待遇で他社とは比較になりません」と投稿しています。

給与は高いに越したことはないのも事実ですが、平均年間給与は平均年齢とともに労働環境を踏まえて見るべきでしょう。

なお、ミクシィグループ全体(連結)の従業員数は1,037人で、本体(単体)が占める割合は約85%にも達しています。つまり公開された平均年間給与は、一部の給料の高い社員だけでなく、グループ全体の平均的相場を反映しているといえます。

エンタメ×テクノロジー」に携わりたい人に

ミクシィは日本のSNSの草分け的存在で、2012年3月期にはグループ従業員472人のうち386人がソーシャルネット事業に携わっていました。

その後、2013年に「モンスターストライク」をリリースし、チャリ・ロトやネットドリーマーズを取り込んで事業を拡大し、従業員構成が大きく入れ替わっています。

2021年3月期の業績予想では、ゲームデジタルエンターテインメント)の売上高は880億円で全体の83.8%、競馬・競輪・オートレース関連(スポーツ)が100億円で9.5%、SNSなど(ライフスタイル)は70億円で6.7%という構成になっています。

ミクシィは中期経営方針に「エンタメ×テクノロジーの力で、世界のコミュニケーションを豊かに」することを掲げています。

採用を停止する会社もある中で、事業を拡大したいミクシィには幅広い求人があります。ゲーム公営競技絡みの事業に関わりたい人だけでなく、新しい「エンタメ×テクノロジー」のあり方を実現したい人にとっても、ミクシィは魅力的な職場になる可能性があるでしょう。

自分のキャリアに不安を感じるエンジニアはこちら。

ミクシィの平均給与はいくら? これだけもらえる優良企業