(黒木 亮:作家)

JBpressですべての写真や図表を見る

 米国のトランプ大統領が崖っぷちに追い込まれているが、英国のジョンソン首相も、就任1年3カ月にして正念場を迎えている。

イギリス国債、あと一歩でシングルA陥落の瀬戸際

 去る10月16日ムーディーズが英国の長期ソブリン格付けをAa2からAa3に引き下げた。格下げの理由は、経済・財政力の弱体化、EU離脱、EUとの通商協定の合意が得られていないことなどである。Aa3は、ダブルA格の一番下で、あと1ノッチ落ちれば日本や中国と同じA1になり、まさに国家としての格落ちである。

 英国経済は、先進諸国の中でも新型コロナ禍による影響が顕著だ。9月に発表されたOECDの予測では、今年の実質GDP成長率はマイナス10.1%に落ち込むと見られている(日本はマイナス5.8%、米国は同3.8%、ユーロ圏は同7.9%、中国はプラス1.8%)。英国はコロナ感染者数が欧州では最も大きかった国の一つである上、消費支出に依存する経済構造のため、ロックダウンによる打撃が他の欧州諸国に比べ大きかった。

効果があったロックダウン

 英国では3月23日からロックダウンが始まり、外出できるのは近所への買い物や軽い運動など1日1回程度で、それが6月中旬まで続いた。この間、チャールズ皇太子ジョンソン首相までコロナに感染し、4月から5月上旬にかけてのピーク時は、毎日、新規感染者5000人、死者が1000人強で、病院や老人介護施設は恐慌状態に陥った。

 その後、厳しいロックダウンの効果が出て、日々の感染者数は500~600人、死者数は10人前後まで減った。7月4日から、レストラン映画館、理髪店なども再開した。英国政府は月曜から水曜の外食代の半分(1人上限10ポンド)を補助する「Eat Out to Help Out」キャンペーンも行って、経済活動の回復を後押しした。ロンドンの繁華街のピカデリーサーカスの人出は、7月はコロナ禍以前の2~3割だったが、8月には8割くらいまで回復した。

9月から再び感染爆発

 これでコロナも沈静化したかと思っていたら、9月に入ったあたりから感染者すごい勢いで急増し始め、現在の日々の感染者数は第1波のピークの3~4倍の2万人近くまでになった。これには唖然とさせられる。一方、日々の死者数は今のところ140人程度だが、今後、300人くらいになってもおかしくない(https://www.worldometers.info/coronavirus/country/uk/)。

 感染者数に比して死者数が少ないのは、第1波の頃は、検査のキャパシティがなく、重症者のみ検査をしていたことや、既存の薬品にケース・バイ・ケースで効果があることが知られ、治療の手順が出来上がってきたことが理由だといわれている。

 英国でコロナ感染者数がこれほど急速に増えている理由は正直言ってよく分らない。むしろテレワークが進んでいて、日本ほど街に人はいないし、元々日本ほど外食もしない。公共交通機関や商店内でのマスク着用や2mのソーシャル・ディスタンスはかなり守られており、普段の生活で「あんなことしていたら、そりゃあうつるよね」というような光景はあまり見ない。フランスの統計によると、クラスターの発生場所のうち交通機関は1.2%に過ぎないので、バスや地下鉄もかなり安全である。

 ただニュースでは、コロナの危険性は誇張された嘘だと主張してマスク拒否する一部の人々がいることや、参加者がスマートフォンのNHS(国営医療サービス)のコロナ追跡アプリ「NHS Test and Trace」を削除してからでないと参加を認めない船上パーティーロンドンで開かれたり、パブやレストランで大人数の飲食をしたり、大規模な結婚式が開かれたりといった、規則違反が報じられている。こういう人たちが感染拡大の原因になっているようだ。

警察が結婚式会場へ突入

 感染者急増に直面し、危機感を抱いた政府は、警察の権限を拡大し、取り締まりを強化し始めた。警察に対し、自主隔離の義務がある人々が実際に実行しているかをチェックする権限、「NHS Test and Trace」の情報へのアクセスコロナ関連の取り締まりのための3000万ポンド(約41億1000万円)の追加予算を与えた。また全国の自治体にも別途3000万ポンドのコロナ規制徹底のための予算を与えた。

 10月13日ロンドン警視庁の警察官たちが、参加者は15人までという規則に違反して、100人以上が集まった結婚式会場に踏み込み、式を中止させ、会場施設のオーナーに1万ポンドの罰金を科した。同17日には、ランカシャー州のバーで50人以上の若者が集まったパーティーに地元警察が踏み込み、パーティーを中止させ、バーの責任者に1万ポンドの罰金を科したほか、5人の常習参加者に各500ポンドの罰金を科した。このほか、数多くの取り締まりを実行し、地元自治体の担当職員とともにパトロールを強化している。

深まる南北問題と地域間の分断

 10月14日ジョンソン首相は、地域ごとにリスクレベルをTier1(中程度)からTier3(非常に高い)の3段階に分け、段階ごとに異なる規制を適用する新たなシステムを始めた。Tier3では、食事を提供しないパブやバー、ジム、レジャー施設は閉鎖、屋内・屋外を問わず同居人以外との交流は禁止、結婚披露宴や屋外イベントは禁止、他の地域への外出は禁止、といった戒厳令に近い規制が敷かれる。

 ロンドンは同17日からTier2となり、屋内(パブやレストランを含む)で同居人以外と会うことは禁止され、屋外で会う場合でも最大6人、飲食店の営業は午後10時までとなった。タブロイド紙などでは「新規制でカジュアルセックス(夫婦や恋人関係でない間柄でのセックス)はできなくなった」と報じられている(屋外でならできるが、風邪をひくか別の法律で逮捕されるはずだ)。

 現在、Tier3は、ランカシャー州やリバプール市などイングランド北西部の一部のみだが、近々、北中部のシェフィールドリーズ、ブラッドフォード、カークリーズ、ヨーク、北西部のマンチスターなどがTier3になる可能性がある。

 これに対して、マンチスターのバーナム市長が、「北部地域はいけにえの子羊のように扱われている。マンチスターはTier3に分類されることを拒否する」と猛反発。ジョンソン首相が提案した1億ポンドの追加的財政支援に対しても「小切手の額の大きさの問題ではない。低所得労働者、自営業者、ビジネスをどう支えるかの問題だ」と、さらなる支援を求めて粘っている。

 一方で、従来から高リスク地域からの入境を拒否していたウェールズは、今週金曜日10月23日)から17日間のロックダウンを実施することを決定した。

EU離脱のFTA交渉というもう1つの時限爆弾

 コロナ禍の悪化に関し、最も懸念されるのが、NHSの医療にさらなる負荷がかかることだ。ただでさえ財政難で400万人(本年7月末時点)の患者が治療待ちをしているNHSでは、治療はコロナ禍前の43%しか行われておらず、1年以上待っている患者も11万1000人以上いる。

 感染状況の悪化は、物流の停滞や買い占めも引き起こすので、食料品や日用品などの必要物資が入手できなくなることも懸念される。

 ここにきて、それらに拍車をかけるかもしれない別の問題が頭をもたげてきた。EU離脱に伴うFTA(自由貿易協定)交渉だ。

 英国は今年1月末にEUを離脱したが、年末までEU加盟国と同等に扱われる「移行期間」にある。この期間が終わるまでに、FTAについて合意すべく3月からEUと交渉を行ってきた。両者が当初設けた11のテーマのうち、多くの分野でほぼ決着がついた模様だが、ジョンソン首相自らが合意形成のデッドラインとした10月15日を過ぎても全体の合意ができず、両者とも交渉決裂を口にし始めている。ジョンソン首相は16日に「交渉は終わった。EUが根本的なアプローチを変えない限り、協定なしで離脱する」と強気の発言をした。

 最大の対立点は漁業問題だ。EU、特に2022年大統領選挙を睨むフランスマクロ大統領は、資源の豊富な英国の排他的経済水域での漁業権を現状のまま維持しようとし、英国は離脱を機にEUを締め出そうとしている。

 仮にFTAが締結されず、実質的なハードBrexitになれば、英国の経済と財政に大きな悪影響をもたらす。英国政府はそうなった場合、欧州大陸との輸出入の主要港であるドーバーがあるケント州で、通関のペーパーワークのために最大で7000台のトラックが渋滞し、輸送量が2~4割減る可能性があると予測している。もしコロナ禍の真っ最中に、食料品や薬品が入ってこなくなったりすれば、市民生活や医療に多大な打撃を与える。

 FTAができないと困るのはEU側も同じだ。英国とEUの20以上の自動車業界団体は、関税復活で自動車の値段が上がれば、需要減などによる損失は1100億ユーロ(約13兆6400億円)に上ると試算している。

ボリス・ジョンソンという不確実要素

 英国と欧州の政治家は成熟した人々で、かつ交渉慣れしており、激しい応酬やブラフを交わしながら、最後にはどこかで決着するというのがこれまでのパターンだ。したがって筆者は、今回も最終的には合意ができるだろうと予想している。

 しかし、元々ジョンソン首相は、4年前の国民投票の際にEU離脱派の中心だった人物であり、1月にFTAなしの離脱をやっても、コロナ禍で大騒ぎにはならないと囁く離脱強硬派も周囲にいると言われる。フィナンシャルタイムズ紙は、英国のデービッドフロスト首席交渉官やドミニク・カミングス上席首相顧問は、交渉決裂を望んでいるのではないかとEU関係者に疑念を持たれていると報じている。

 ここ数年、ドナルド・トランプ氏の大統領当選とか、英国の国民投票におけるEU離脱派の勝利など、政治の分野でブラックスワンの降臨が一度ならずあった。ジョンソン首相はほかの英国の政治家と違って、読めないところのある人物であり、状況は予断を許さない。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  第二の尖閣か、「中国漁船、本日も大和堆で爆漁中」

[関連記事]

文在寅政権、「米韓同盟」破棄は本気なのか

クレジットカード情報、洩れたらこんなに大変だった

10月18日、感染者が増えているマンチェスターにて。マスク姿の女性の壁画を描くアーティスト(写真:ロイター/アフロ)