10月8日FBIをはじめとする捜査当局が、米国ミシガン州知事の拉致を計画した容疑で13人を逮捕した。彼らは武装した白人至上主義者たちで大統領選直前に州政府を転覆しようとしていたのだった。

 狙われたのは、グレッチェン・ウィットマー氏(49、民主党)。州民の人気も高く、バイデン民主党大統領候補の副大統領候補の1人として名前が挙がっていたほどだった。今年3月から新型コロナウイルス対策で自宅待機命令を出すなど全米で最も厳しいロックダウンを実施した。

 経済を最優先するドナルド・トランプ大統領は、州知事と犬猿の仲だ。トランプ氏は3月下旬の会見で、

「あの女には我慢がならない。ヤツのやっていることは、連邦政府にいちゃもんをつけるだけだ」と罵った。

 一方、知事は、「政治的な攻撃はこれ以上必要ない。(必要なのは)個人防護具や人工呼吸器、医療用マスクテストの道具。あなたはミシガンを支援すると言ったはずです」と反論した。

 そして、4月15日ミシガン州都のランシングで、新型コロナ対策をめぐり、全米で初めてのデモが起こる。数千台におよぶ車やトラックバイクが議事堂周辺を埋め尽くし、都市封鎖を解除せよ、と知事に迫ったのである。デモを取材した私が見たのは、「Vote Trump(トランプに投票せよ)2020」と書かれた手書きメッセージや、トランプ氏が好んで使うフレーズDrain the Swamp(汚職をなくせ)」などトランプ支援の言葉ばかりだった。

州議事堂には武装した民兵たちの姿が――

 トランプの旗と星条旗を振り回す大工のビックジョン(30)はこう話した。

民主党のウィットマーは新型コロナ対策で点数を稼ごうとしているんだろう。そんな政治的な野心のために、オレたちの生活が干上がるのはごめんだよ」

 州議事堂に行くと、そこには自動小銃などで武装した民兵の集団がいた――。

 デモの直後、トランプ氏は「ミシガンを解放しろ」とツイート。同月末、ミシガン州都で再度デモが起こった際、武装集団が武器を持ち議事堂に押しかけた。

 今回の誘拐未遂事件で逮捕されたうちの2人は、その時のデモ隊に加わっている、とミシガン州の司法長官は明らかにしている。

 トランプ氏が2016年大統領選では最僅差で勝利を収めたミシガン州だが、現時点ではバイデン元副大統領に10ポイント以上の差を開けられ、不利な立場に立たされている。

 トランプ氏が大統領選で負けたら、親トランプ派の武装民兵がミシガンと同様の“内乱”を引き起こす危険性も指摘されている。

(横田 増生/週刊文春 2020年10月22日号)

ミシガンのウィットマー州知事 ©共同通信社