Googleは、同社が展開するクラウドゲーミングサービスGoogle Stadieにて最大64人参加のバトルロイヤルゲームPAC-MAN Mega Tunnel Battleリリースすることを発表した。Google Stadia公式フォーラムによるとゲームの価格は19.99ドル。(Stadiaリンク

 Google Stadiaは残念ながらまだ日本からサービスを受けられないが、加入者は10月27日(火)まで本作の体験版が無料でプレイでき、11月17日(火)に本編がバンダイナムコエンターテインメントよりリリースされる。なおGoogle Stadiaで先行リリースFirst on Stadia)とされているため、後日ほかのプラットフォームでもリリースされるようだ。

 『PAC-MAN Mega Tunnel Battle』は、2020年に40周年を迎えたパックマンバトロワゲームにしたタイトルだ。マップ内のエサを食べながらモンスターを回避し、パワーエサを食べて反撃するというシステムはそのままに、一定時間ごとに解放されるゲートをくぐって隣接したほかのプレイヤーの陣地にも攻め込むことができる。目指すは最後のパックマンになること。

 プレスリリースによると、ゲームには新しいパワーアップが導入され、視聴者がどのパワーアップゲームに登場させるか選べる機能もあるという。こういったゲームではお馴染みだが、パックマン見た目をカスタマイズする機能も搭載されている。

(画像はBusinesswireより)

 スーパーマリオブラザーズテトリスボンバーマンなど、ゲームファンにはお馴染みのクラシックゲームが続々とバトルロイヤルゲームとして生まれ変わっている。
 40周年を迎えた『パックマン ジオ』(参考記事)として位置ゲームに変化したり、『PAC-MAN Mega Tunnel Battle』でバトルロイヤルゲームになったりと、まだまだ進化を見せてくれている。

「Google Stadia」 公式発表ページはこちら

ライター古嶋誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros