dropped23


 猫が体をモフられた時やおいしい食べ物を食べた後などに、満足げなゴロゴロ音を聞かせてくれるのは有名なお話だけど、まさかクマーお前もか…という発見があった。

 アメリカ合衆国ニューハンプシャー州にあるクマの保護施設にて、秋の果実をエンジョイする子熊たちの姿が撮影されていた。


 ベン・キラムさんはもともと銃工であったが、撃ち殺された母グマや交通事故にあった子グマなど、不幸なクマの存在を非常に憂い、自身の持つ土地に頑丈な囲いを施して、ニューハンプシャー州初となるクマの保護施設を作り上げた。今回もそちらの施設でのワンシーンと思われるものである。

 つい先日母グマを不幸な事故で亡くしたばかりだという子グマたちは、現在もちろんキラムさんの施設で過ごしているそうだ。そんな子熊たちが森の中で、たんまりと落ちたリンゴの山を発見!これにはたまらず喜びの音を出しちゃっていたみたい。

 リンゴを見つけたクマたちはみんな揃ってリンゴ狩りに興じた
dropped24


 大喜びでリンゴに集まるクマたちからは、猫のごろごろ音にも似た音が…
dropped23

 きっとおいしいリンゴに満足を感じているんだろう
dropped25

 その後、子グマのうちの1匹がやってきて撮影者さんの頭を撫でてもらうことをねだる姿も動画内におさめられていた。どうやらクマも満足感を感じるとぐるぐるごろごろといった音を出すみたい。

 今後もこちらのクマの保護施設では、野生にかえるのに充分なケアとリハビリを行っていくという。この子グマたちも生後18か月ほどしたら、また森の中に帰っていく予定だとのこと。

 この施設の創設者であるベン・キラムさんは「クマに人間の恐ろしさを教えるのでなく、クマが人里にやってきて餌があることを学ばないよう、人間側もできるだけのことをすべきである。人間とクマの共存は可能だと信じたい。」とコメントしている。

written by kokarimushi

※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52295798.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

ゾンビ?死体?土の中から伸びた2本の手。でも安心してください、その正体はほっこりです。
お礼を伝えたくて?山火事の消火活動を行っていたヘリコプターの中にフクロウが来訪する奇跡(アメリカ)
やったのは誰?飼い主の尋問に対し、正直に犯人を示した犬、示された犬の面白反応
いつだってゴロゴロしていたい!怠惰が身についてしまった動物たち
鳥だって仲間を見捨てない。空腹の仲間に餌を分け与える姿を確認(オランダ研究)

―画像の紹介記事―

お礼を伝えたくて?山火事の消火活動を行っていたヘリコプターの中にフクロウが来訪する奇跡(アメリカ)
運勢を変えるため、手相を変えるタトゥーを入れるタイの人々
ミュージシャンと観客が巨大バルーンに!ヘッドウォーキング余裕、ライブ会場のコロナ感染対策(アメリカ)
ちっちゃかわっ!5匹のコツメカワウソの赤ちゃん生まれたよ(ニュージーランド・オークランド動物園)
犬、猫、鳥、モルモットの異種間家族。みんなで集まってぽかぽかなひと時
孤児になった子熊たちが大量のりんごを目の前に、猫のゴロゴロのような音をだす