「消えるべきクリス」というレッテルを貼られたクリス・プラットのために、ロバートダウニー・Jrとマークラファロが擁護のコメントを出した。

つい先日、映画監督のエイミー・バーグが、クリス・ヘムズワース、クリスエヴァンスクリスパインと共にプラットが写った写真をツイッターに投稿。ハリウッドにはクリスという名のスターがいすぎるとして、どのクリスが「消えるべき」かとキャプションを付けたところ、フォロワーたちからのコメントが殺到、プラットが最下位だとする声や、プラットを批判する声が最も多く集まった。

これを受け、「アベンジャーズシリーズの共演者であるロバートは「なんて世界だ。『罪のない』人たちが、僕のブラザーであるクリス・プラットをバッシングしている」「道理に基づいて生きる真のクリスチャンで、ポジティブさや感謝だけを示す人だ。さらには最近結婚して、対話を持つ場を作り、最高の価値を主張する家族の一員になったばかり」「クリスが気にくわないなら、僕に良いアイデアがある。君のソーシャルメディアアカウントを削除して、自分の性格の欠陥と向き合い、改善に取り組み、その人間らしさを祝ってくれ」と投稿、プラットの味方であるとタグ付けした。

そしてマークも「みんな、クリス・プラットは堅実な人間だ」「僕は彼のことを個人的に知っている。中傷するより、彼の生きざまを見るべきだ」とコメントした。

さらにはジェームズ・ガン監督やゾーイ・サルダナら「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」陣もプラットを擁護するコメントを出し、さらに8月にプラットとの第1子を出産したばかりの妻キャサリン・シュワルツェネッガーも「こんなことって本当に必要?世界ではもっと大変なことが起きていて、色んなかたちで苦しんでいる人がいる。意地悪をするのなんて時代遅れすぎる」「この男性たち全てを愛する余裕は十分にある。私たちに必要なのは愛情であり、意地悪やいじめなんていらない。それを努力しましょうよ」と綴っている。