アメリカ・テキサス州オースティンに拠点を置くDevolver Digitalは現地時間10月21日(水)、クロアチア・ザグレブへ拠点を置くインディーゲームスタジオCroteamの買収を発表した。同社は一人称視点シューティングFPSゲームSerious Samシリーズの開発元として知られる。

 買収額を含む金銭的条件等は公開されていないが、Devolver Digitalが本件を「Croteam and Devolver got hitched.(CroteamDevolverは結婚しました。)」と表現していることから、友好的買収であるようだ。

(画像はDevolver Digital「Croteam and Devolver got Hitched」より)

2020年5月に発売時期が発表された際の予告映像

 Croteamは、1960年代に台頭した音楽ジャンルガレージバンド」になぞらえた“ガレージゲーム”の開発スタジオとして、1993年に6人のメンバーで設立。初めて開発した作品はBlack Legendから1994に発売されたテーブルサッカーゲームFootball Gloryであった。『Football Glory』が発売された翌年には、で人気のバラエティ番組を再現したSave the Earthターン制ストラテジーゲームInordinate Desire(1995)をリリースした。

 1996年以降は、2作目となるはずであったテーブルサッカーゲーム開発中止や技術デモの蓄積を経て、2001年に『Serious Samシリーズの第1作Serious Sam: The First Encounterを発表。以降はシリーズ作品を中心として、2014年に哲学的テーマが取り入れられたパズルゲームThe Talos Principleリリースしている。

 Devolver Digitalからの発表によると『Serious Sam: The First Encounter』の発売に関してはパブリッシャー(販売元)を見つけることが難しく、唯一関心を示したのは、2005年Take-Two Interactiveへ買収された「Gathering of Developers」であったという。

(画像はSteam『The Talos Principle』より)

 そして、当時Gathering of Developersに所属していたハリーミラー氏、マイクウィルソン氏、リック・スタルツ氏は2007年2月に小さなパブリッシャー会社であるGamecock Media Groupを設立したが、約1年半で閉鎖。のちに2009年Devolver Digital設立時に参画したことがきっかけで、Croteamとの業務提携へつながり、10年以上もの長い間“愛を育んできた”ようだ。

 なお、今後についてはThe Talos Principle 2』Serious Samシリーズの新作、Croteamおよび同社の開発者イニシアチブへ参加するスタジオからのオリジナルIP作品が引き続き開発される。

 幸せなゴールインを迎えた両社をぜひ、シリーズ最新作Serious Sam 4』チェーンソーランチャー3種類のショットガンで祝福してあげてほしい。

(画像はSerious Sam 4より)

ライターヨシムネ

Devolver Digital公式サイトのリリース原文はこちらDevolver Digitalの公式TwitterアカウントはこちらDevolver Digitalの日本向け公式Twitterアカウントはこちら
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。